メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)

  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)
  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)
  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)
  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)
  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)
  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)
  • メッセージボックス ファーザーメッセージPLAID(S)

お父さんに対して「ありがとう」の気持ち溢れるメッセージボックスです。

メッセージカードとギフトボックスがひとつに!
箱のフタが4枚になっており、それぞれメッセージが書き込まれています。
また、見開きの部分とめくった2枚目の部分に自由に記載することができるスペースがございます。
思い出の写真や、幼少期の写真を貼り付けたり、メッセージを書き込んで渡してみてください。

一枚一枚手紙を読みながらプレゼントを開けてもらえば気持ちの伝わり方も喜びも倍増♥♡♥
サプライズの演出にオススメです!

<メッセージ>
①お父さん
いつも優しく見守ってくれて
本当にありがとう

②お父さんから貰った
たくさんの愛情を胸にこれからの人生を歩んでいきます

③なんだか照れくさくて
直接、言えないこともあるので
今までの感謝の気持ちをお手紙にしてきました。
読んでください。


価格
¥2,220(税込)
サイズ
W18×D13×H9cm
内寸
W16.5×D11.7×H7.6cm
素材
紙 OKACカード ましろ
紙の厚み
0.3mm
タイプ
シーン

STORY

【素直に言えない気持ちをサプライズで】父の日に贈るごめんねとありがとう

高校卒業後に上京、専門学校卒業後はアパレル会社に入社した

気が付けば10年。
エリアマネージャーになり今では3店舗を任されている。

高校生の時お洒落に関心を持つようになり将来はファッションに携わる仕事がしたいと思うようになった。

厳格な父は、メイクや流行りの服装をする事にいちいち文句を言ってきて、うざかった。
反抗期だった私は、どんどん父が嫌いになり、口を利かないどころか、顔を合わすのも嫌になっていった。

進学は大学ではなくファッションに関わる専門学校を選んだ。
そこでも父には大反対されたが強引に押し切った。

上京し楽しい学校生活を送り、今の会社に就職してからは目まぐるしく生活を送っていた。
実家には滅多に帰らなくなり、たまに帰っても、母とだけ会話するくらい。

そう、父とはいまだに溝があり、長い反抗期が続いている。

エリアマネージャーになり楽しかった仕事がこの頃しんどくなってきた

地元の友達はどんどん結婚し子育てしてるとか、そんなことをよく耳にするようになった。

私は何してるんだろう・・・
このままでいいのかな ・・・
私も地元にいたら今頃は結婚して穏やかに暮らしていただろうか・・・

自分の人生を悩むようになった。

そんなとき、母から電話

元気のない私の声に

「たまには帰ってきなさいよ。お父さんも心配してるわよ。
あんたは昔から負けん気強くて頑張り過ぎるところがあるからって。」

えっ?
あのお父さんが?

私は意外過ぎて一瞬言葉を失ったけど、父の思ってくれる温かさに、落ち込んでいた私の心が震えて思わず涙がこぼれた。

子供のころは毎年父の日には似顔絵と手紙を書いてプレセントしたことを思い出した。
今度の休みに父の日のプレゼントを渡そう。

だけどずっと口を利いてないし、物だけ渡すのは味気ない気もするし、今更急に面と向かって話すのも気恥ずかしい。

だけど今回を機に昔みたいにお父さんと話が出来るようになりたい・・・
上手く気持ちを伝えられる何かいいプレゼントはないだろうか・・・

なかなか買い物に行く時間もないし、どうしよう。

翌日・・・

職場の仲間に気持ちの伝えられるいいプレゼントはないか相談した。
すると、 以前彼氏と喧嘩した時に後日彼氏から貰ったプレゼンに感動して仲直りできたと言う。

それはプレゼントのボックスを開けるとメッセージや写真が貼ってあって、さらに開けるとまたメッセージ。
また開けるとメッセージ。
最後に、ボックスの中にはプレゼントと彼の直筆のごめんの気持ちが書いてある手紙が入っていたと言う。

口下手な彼からの手紙はとても嬉しかったそうで、私は『それだ!』と思った!

そして、帰省した日

「お父さん、コレ、父の日のプレゼント、開けてみて」

父は、無言のまま箱を受け取った。

そこには幼い私が父に抱っこされて喜んでいる写真。
そしてメッセージが次々と・・・
最後に、ボックスの中に自分で書いた手紙を入れて。

『お父さん、今までごめんなさい。
お父さんが私を思う気持ちも気づかないで反対押し切ってアパレル会社に就職しちゃって・・・
だけどね、大変なこともたくさんあるけど後悔してないし、これからも頑張るから!
だって、お父さんがいつでも応援してくれるって分かったから!
お父さん、本当にありがとうございます。』

父は目を潤ませ涙を隠すように咳払いをした。

「お父さん、ありがとね。」

プレゼントは父の好きなお酒にし、初めて父とお酒を飲みながら 久しぶりに家族3人で楽しく夕食を食べました。