パティシエとして働く私は夫の転勤で職場を退職することに…。 ついにやってきた出勤最終日に、寂しい気持ちを引きずりながらお店のドアを・・・