彼氏へ記念日サプライズ!手軽におうちビュッフェを楽しむアイデア

彼氏へ記念日サプライズ!手軽におうちビュッフェを楽しむアイデア

まだ評価がありません
20~29 彼女 20~29 彼氏
【相手別】サプライズにおすすめのプレゼント特集 2021年決定版 【相手別】サプライズにおすすめのプレゼント特集 2021年決定版
サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

彼氏と付き合って2年記念のサプライズは、おうちでビュッフェ!

「おじゃましま……うわー!」

待ち合わせの時間ぴったりに部屋を訪ねてきた彼が、リビングに入ったとたん、大きな声をあげました。

今日は彼と付き合って2年の記念日。
あらかじめ、私の部屋でお祝いしようと伝えてありました。

お店でのお祝いにしなかったのは、毎日仕事で忙しい彼に部屋でゆっくりとくつろいで欲しいと思ったからです。
でも、自宅に招いて手料理をふるまうだけ、というのは記念日のお祝いとしては味気ないような気がして、今日はこんなサプライズアイデアで彼をおもてなしすることにしました。

それが、今彼の目の前に準備している、“おうちビュッフェ”

出典:「Hisako」様 @s77hisako

ドアを入った正面のカーテンにはガーランドとバルーン、そしてイルミネーションライトを飾り付けました。
また、まわりの壁にもガーランドと一緒に、ドライフラワーや二人の思い出の写真を吊るしておきました。

マンションの一室、見慣れたリビングルームが華やかに演出された様子に、彼も驚いているようです。

ダイニングテーブルの上にはカマンベール入りの容器を置いたホットプレート。
二人でチーズフォンデュをしようと思って用意しました。

リビングの隅のテーブルには、チーズフォンデュ用に小さくカットしたフランスパン、ウインナー、ブロッコリーや人参、じゃがいもなどの野菜が準備されています。

そのほかに、ピンチョスやサラダ、ポテト、パスタなどをミニビュッフェスタイルにして並べました。

テーブルの隅にはデキャンタボトルを置き、ドリンク類も完備です。
料理は手の込んだものは用意していないのですが、お皿やデキャンタなど、おしゃれな雰囲気のものにこだわって選んだので、見た目が華やか。

「これはすごい! 大変だったんじゃないの?」

彼が驚いてくれたので、サプライズ第一弾は成功のようです。

簡単だけど華やかで豪華!おうちビュッフェのレシピ

彼と付き合い始めて、もうすぐ2年になります。
お互い社会人で忙しく、なかなか頻繁に会うこともできないので、付き合い始めて2年の記念日には、何か思い出に残るようなお祝いをやりたいと考えていました。

「どこかおしゃれなお店に行こうかな?」とも考えたのですが、最近の彼は仕事が忙しく、家に帰っても寝るだけだと言っていました。
ならば、自宅に招いてゆっくりとくつろいで貰った方が、彼に負担をかけずにお祝いが出来るのでは。
でも、部屋でくつろぐだけだと思い出に残るような記念日には程遠い感じ……。

そこで、ヒントを求めてSNSを見ていると、友達が「おうちビュッフェをやった」という言葉とともにかなり本格的なビュッフェの写真をアップしているのを発見。

出典:「Hisako」様 @s77hisako

早速やり方を聞いてみると、出来合いのものや冷凍ものなどをお皿にきれいに並べるだけで見映えよくできるから、そんなに手間ではないよ、とのこと。
そのかわりに、お皿やドリンクを入れるボトルといった、道具はおしゃれなほうがいいよというアドバイスをもらいました。

友達のアドバイスを元に、私でも簡単に出来そうなビュッフェのレシピを考えてみます。

サラダは野菜を切って盛り付けるだけ。
プチトマトや紫キャベツなど、色鮮やかな野菜を入れれば見た目も華やかです。

ポテトは近所のスーパーに冷凍のものが売っていたので、当日揚げるだけ。
パスタは茹でて、市販のパスタソースと和えます。

ピンチョスは、うずらの卵とローストビーフを買ってきて、百円均一で準備したピックに挿せば完成です。

あともう一品。
我が家には友達と自宅飲みした時に買ったホットプレートがあります。

そのホットプレートを使って簡単に二人で楽しめる、チーズフォンデュのレシピを発見しました。
フランスパンや野菜を小さくカットし、カマンベールチーズを電子レンジでチンするだけという簡単さと、ホットプレートで一気に料理が豪華に見える点に惹かれ、こちらもビュッフェのレシピに入れることにしました。

このレシピを元に、おしゃれなお皿やデキャンタを準備すればOKです。

おしゃれに見える部屋の飾り付けと記念日のムードを高めるプレゼント

続いて準備したのは、部屋の飾り付け。
こちらもSNSで飾り付けについて調べてみます。

おしゃれな飾り付け方法を探した結果、玄関から入ってきてすぐ目に飛び込む正面の吐き出し窓のカーテンに、キラキラのガーランドとバルーン、そしてひも状になっているLEDライトをつけて華やかさをアップすることにしました。

飾り付けを壁やカーテンにつけるには、

  • 安全ピンで留める
  • 糸でカーテンレールに吊るす
  • 釣り糸とジェルテープで壁に付ける
  • マスキングテープで貼る

などの方法があるようです。
安全ピンやマスキングテープなどは百円均一で手に入りそうなので、簡単に飾り付けられそうです。

窓以外の壁には、フォトガーランドに二人の写真と、小物としてドライフラワーを吊るすことにしました。
こちらも百円均一の麻紐を吊るし、木製クリップでひとつずつ取り付け。
部屋がぐっとおしゃれになりました。

そして最後に、記念日のプレゼントを準備します。
おうちビュッフェでも活躍して、その後も二人で使えるお揃いの食器かグラスを探していたところ、とっても素敵なペアグラスをみつけました。

そのグラスは、明るい場所に置いておくと光を蓄え、暗くすると模様がエメラルドグリーンに光るというもの。

光るグラスを眺めながら食事を楽しむなんて、記念日にぴったりだと思いました。
また、一点一点手作業で作られているため、全く同じものがなく二人だけの特別な品になるというのも魅力的。

突然、手元のグラスが光るというサプライズ感も、おうちでする記念日の演出のひとつになると考え、購入手続きを進めました。

おうちビュッフェと光るグラスの演出で思い出の記念日に

そして、今――。

いつもと違う部屋の様子に驚いている彼を案内し、二人で料理をお皿にとって並べます。
「美味しそう~」とひとつずつ料理を取りながら、ビュッフェスタイルを彼も楽しんでくれているようです。

ドリンクも、いくつか準備した中から「どれを飲もうかな~?」と選んでくれています。
そのタイミングで用意したペアのグラスを彼に渡し、飲み物を注いでもらいました。

朝からグラスを外に出しておいて、乾杯直前までキッチンの明るい照明の下に置いておいたので、準備は万端です。

料理と飲み物の準備を終えたら、着席し、いよいよ乾杯。

「じゃあ、乾杯しましょう」

「いいよ」

「その前に」

乾杯しようとグラスを手にした彼を制して、私は室内のイルミネーションやライトを全部消しました

「えっ、なんで真っ暗にするの?」

彼が驚きますが、すぐに手にしたグラスがぼんやり光り始めていることに気付いてくれました。

「きれいでしょ?」

「うん、すごくきれい」

「びっくりした?」

私が聞くと、彼が頷きます。
サプライズ第二段も成功です。

「実はこれもプレゼントなんだよ。とっても素敵でしょ。では改めて――」
私が言うと、彼がグラスを掲げてくれました。

「「乾杯!」」

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。