【寿退職を迎える同僚へ】Zoomを使ったサプライズ送別会&披露宴!

【寿退職を迎える同僚へ】Zoomを使ったサプライズ送別会&披露宴!

まだ評価がありません
20~29 同僚 20~29 同僚
サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

最後の出社日、届いたメールを見ると……

「これで、デスク周りの片付けは終わりかな。……やっぱり、寂しくなるなぁ」

今日をもって、5年間勤務したこの出版社ともお別れ。
私・夏美は、先輩社員・卓也との結婚が決まり、寿退職することになったのです。

とはいえ、このコロナ禍の状況もあり、社員全員が在宅ワークの最中の退職。
実は今日は土曜日で、久しぶりに出社し、昨日まで使ったパソコンの返却や社内の荷物を片付けていたところでした。

「最後にお世話になった方々にメールを送って……あれ? 佳穂からメールが来てる」

佳穂は、私と同期入社で一番親しかった同僚。
仕事でもプライベートでも、悩み事があるときは、一番に相談に乗ってもらっていました。

昨年から同じプロジェクトに携わることになり、昨日のリモート会議でも顔を合わたところです。

「なんだろう、本文はURLだけだなぁ。佳穂からだから怪しいものではなさそうだし、開いてみるか」

すると、パソコンの画面に映り出されたのは、

「夏美 今までありがとう!!」

という文字と、同期メンバーからのメッセージムービー
社内でお世話になった上司の方々からの言葉まで。

BGMで流れているのは、私の大好きなウェディングソングです。

――これは、私の寿退職にあたり、同僚の佳穂が中心となって仕掛けてくれた、心温まるサプライズアイデアです。

寿退職する仲間をサプライズで送り出そう!

3ヶ月前のこと――。

「佳穂、実は報告があって……卓也と入籍するタイミングで、退職しようと思ってるんだ」

プロジェクトに関する事前のすり合わせで、佳穂と2人でZoom会議をしていたときのこと。
私はぼそっと佳穂に告白しました。

「えー! 聞いてないよ!」

予想以上に驚く佳穂。
その心中は、というと……。


(夏美が辞めちゃうなんて! 入社のときからずっと仲良しで、沢山心の支えになってくれた夏美が……)

私・佳穂は、夏美の退職を耳にしてショックを隠し切れませんでした。
とても寂しいし、夏美が居ない会社での日常はうまくイメージできません。

でも、ここは夏美の門出を盛大に祝ってあげなくちゃ。
そして、素敵な思い出を抱えて次のステージに進んでほしい。

「そっか。すごく寂しいけれど、夏美が決めたことだもんね。卓也さんと始める新しい人生、思い切り楽しみなよ!!」

そう笑顔で返しました。

(コロナ禍で送別会が難しくても、夏美の心に残るようなお祝いのアイデア、何かないかなぁ)

早速作ったのは、夏美を除いた同期10人のグループライン。
東京本社や関西支社、他社に出向中など、みんな居るところは違っても、グループに招待するとすぐに参加してくれました。

夏美が寿退職することを告げると、「寂しいよー!!」とみんな口を揃えて言いました。

でもせっかくなら、何かサプライズを仕掛けて夏美を盛大に送り出してあげたい、と満場一致。
みんなでアイデアをひねり出して、ある作戦を思いつきました。

退職予定日の9月末日まであと3ヶ月。
平日の仕事の合間や休日を使って、みんなで準備を始めました。

フィアンセの彼と協力してサプライズ登場!

そして今――。
夏美が同期からの思いがけないムービーを見て、目を潤ませていたその時。

「なーつみっ! 結婚、おめでとう! そして、お仕事お疲れ様でした!!」
オフィスの陰からタイミングを図って、私・佳穂と卓也さんが、夏美のもとに駆け付けました。

「佳穂! そして卓也まで! 一体どういうことなの!?」
目を丸くした夏美に、私も卓也さんもニンマリです。

「今日、夏美がオフィスで片付けするって、実は卓也さんに事前に聞いてて。こっそり待ち伏せしてたんだよ!」

「もうびっくりしたよ! このムービーは?」

「これは、夏美の寿退職を知った後すぐにみんなに声を掛けて、各々撮った動画を集めて作ったんだよ。部長まで出演してくれたんだからね!」

私たちの想いが伝わったのか、夏美は小さく、
「もう……みんなこんなにしてくれるなんて……」
と笑顔でため息をつきました。

Zoomを使ったサプライズ披露宴を開催!

「これで終わりじゃないんだからね! ほら、続きはこっちで!」
「えっ!?」

私はそう言って、夏美と卓也さんを社内の応接ルームに案内しました。

すると、そこは可愛いバルーンなどと共に「Happy Wedding Natsumi&Takuya♡」と書かれた装飾が。
用意されたパソコンからスクリーンに映し出されているのは、同期全員の笑顔が映し出されたZoom画面でした。

「やっほー夏美! 卓也さん! 結婚おめでとう!!」
「久しぶりだなー夏美! 今日はのろけ話いっぱい聞かせろよ!」

入社した頃と変わらない屈託のないみんなの笑顔に、夏美の目元からボロボロと涙がこぼれます。

「実はこれは、卓也さんにも内緒にしてたんだけど……社内婚ということで、ここで小さなリモート披露宴できたら、と思って。このコロナ禍で、結婚式もいつできるか分からないって聞いてたからさ」

そう言ってプレゼントしたのは、可愛らしい薄ピンクの生花が詰まったフラワーバッグ

「このお花、ショルダーになってるの!? テーブルに置いても肩に掛けても、とっても可愛い!」

「夏美の雰囲気にぴったりのお花だなって思って。少しでも、今日という日が華やかで素敵な思い出になったら、と思って選んだんだ」

「佳穂、みんな、本当にありがとう!」

「さあ、夏美も卓也さんも席に座って! 今日は思い切り、みんなでお話しよう!」

これまでのような送別会がなかなか叶わないご時世だけど、リモートだからこそ同期みんなで顔を合わせて夏美を送り出せたことは、かけがえのない時間になりました。
みなさんも、ぜひ真似してみてくださいね!

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。