夫へ結婚記念日を忘れさせないためのサプライズなプレゼントアイデア

夫へ結婚記念日を忘れさせないためのサプライズなプレゼントアイデア

まだ評価がありません
30~39 30~39
母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021 母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021
サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

なぜ夫は結婚記念日を忘れるのだろうか?という素朴な疑問

来月は3年目の結婚記念日‥‥‥ なのですが、1年目も2年目も夫はこの記念日を忘れていました(笑)

5年目、6年目あたりから忘れるのならまだしも、1年目からなんて早すぎませんか?

思い起こせば付き合っているころから、付き合い始めた日や1年記念日など、全く覚えていませんでした。

さすがに私の誕生日は覚えていましたが(笑)

そんなことを考えていると、

「なぜ夫は記念日を忘れてしまうのか? 覚えておく気がないのか?」

という素朴な疑問を抱きました。

ネットで調べてみると、男性と女性では脳の構造が違うことが原因とか、男性にとって結婚記念日は女性が思うほど重要ではないとか、諸説あるようです。

でもせっかくの記念日ですから、ちょっとしたサプライズがあると幸せですよね。

ということで、年に一度の結婚記念日を夫に忘れさせないためのサプライズなプレゼントアイデアの紹介です。

結婚記念日を忘れさせないための“インパクト”

どうせ来月の3年目記念日も忘れているだろうとふんだ私は、何かインパクトのあるサプライズをすることで、記憶に残す試みを考えることに。

まず1つ目は、『名入れTシャツ』を使うアイデア。

Tシャツの背面に文字と番号を名入れできるサービスを利用して、

『結婚記念日』

『5.25』 ※私たちの結婚記念日は5月25日なので。

とプリントするのです。

このアイデアは、野球の永久欠番から思いつきました。

アメリカのメジャーリーグでは、メジャー、マイナー、3Aの全球団において永久欠番となっている番号があります。 

ジャッキー・ロビンソンという選手が付けていた42番ですが、毎年4月15日は「ジャッキー・ロビンソン・デー」が制定されており、全球団の選手が各チームユニフォームに背番号42を付けてプレーします。

全員が背番号42のユニフォームを付けている姿を見て、

「これだ!」

とひらめいたわけです(笑)

参考イメージ

結婚記念日が毎日夫の目に留まるアイデアとプレゼント

2つ目のアイデアは、写真を送るとオリジナルラベルを作ってスパークリングワインに貼ってくれるサービスを使うことに。

ラベルの文字はもちろん「祝 結婚記念日 5月25日」。

そして、結婚式のときの写真を貼ります(笑)

さらに毎日夫の目に留まるように、このスパークリングワインをインテリアとして飾っておくことができる、かわいいネコが大切に二人の結婚記念日を抱きしめてくれるワインスタンドを購入。

ワインボトルをハグする姿がかわいくてとても癒されます。夫もネコに見つめられて結婚記念日を忘れられないことでしょう(笑)

これでサプライズに必要なプレゼントは完璧!

用意したサプライズプレゼントの演出方法

いよいよ結婚記念日。

昨日までの夫を見る限り、予想通り大切な日を全く覚えてない様子。

私もサプライズなプレゼントを用意しているので、敢えて口に出していません。

夫が仕事から帰ってくるまでに、ウォークインクローゼットに隠しておいた結婚記念日がプリントされたTシャツとワインボトル、そしてネコのワインスタンドをセッティングします。

準備は簡単!

ワインボトルはワインスタンドにセットして、食卓テーブルの中央に。

ネコの視線とワインラベルは夫の席に向けるのがポイント。

そして、Tシャツはというと、

「じゃーん!!!」

参考イメージ

まるでプロ野球選手のユニフォームが飾ってあるかのように、額に入れて壁にかけちゃいました!

さらに、私のサイン入りです(笑)

ちょっとくどい?と思われるかもしれませんが、これぐらいがちょうどいいのではないでしょうか?

共感度については、ページ下の『このサプライズアイデアの魅力を評価してください』の☆数で評価をお願いします(笑)

でもやりすぎは禁物なので、皆さんがサプライズされる際はご主人の性格を考慮して、あくまでもアイデアの一つとして参考にしてみてください。

夫の帰宅が楽しみです!

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。