記念日のキャンプデートで彼にサプライズ!夜景を彩るスペシャルカクテル

記念日のキャンプデートで彼にサプライズ!夜景を彩るスペシャルカクテル

まだ評価がありません
20~29 彼女 20~29 彼氏
母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021 母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021
サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

記念日のキャンプデートで仕掛けるサプライズ

『啓太、見てみて! 星がとってもきれいに見えるよ』

「ほんとだ、今日は最高のキャンプ日和だな」

私たちは、初めてのキャンプデートを満喫中。
夕暮れあたりからちょっと早めの夕ご飯でBBQを堪能し、焚火を囲みながらたわいもない会話をして贅沢なキャンプ時間を楽しんでいました。

けれど、楽しい時間はあっという間です。
さっきまできれいな夕日を見ていた気がするのに、気が付けばあたりはもう真っ暗になっていて空にはきれいな星が広がっています。

『わぁ、もう21時だ。じゃあ、そろそろ”真由’S Bar”を開店しますか! あ、お客様今日はお一人ですか?』

「ははっ! 何だそれ? 真由’S Bar?」

突然の私のフリに吹き出しながらも、「はい、一人です」とちゃっかり答えてくれる啓太。
さすが、私の彼氏を3年やってくれているだけあります(笑)。

『お客様のために、今日はスペシャルカクテルをご用意させていただきます』

「それは楽しみだなぁ」

そんな茶番劇を続けながらも、あらかじめ用意しておいた食材とワインを使って手元では手際よくお酒を作っていきます。
そして、テント内に潜ませていたグラスを持ち出し、作ったお酒を注いで啓太に差し出しました。

『お待たせしました! フルーツたっぷりスペシャルサングリアです

「え、ちょっとすごいんだけど! こんな短時間で本格的なのが出てきた!」

ワインやビールを提供されると思っていたのか、差し出されたグラスを見て驚く啓太。
けれど、これで終わりではありません。

『啓太、こっちで乾杯しよう! 来てきて!』

私に促され、啓太は不思議そうな顔をしながらタープの外へ出てきました。
そして―――。

3年記念日にいつも優しい彼にありがとうを伝えたい

もうすぐ私と啓太が付き合って3年目の記念日。

1年目の記念日はテーマパークへ、2年目は温泉旅行へ、そして今年は念願のキャンプデートを予定しています。

というのも、啓太はここ1、2年ほどどっぷりアウトドアにハマリ中。
大学時代の友人に連れられて行ったキャンプがきっかけだったらしく、今では啓太の部屋はキャンプ道具で溢れているほどです。

そんな啓太を見て、「私も連れて行ってほしい! 一緒に行ってみたい!」とずっと話していたのですが、最近のアウトドアブームでどのキャンプ場も数カ月先まで予約がいっぱい。
なので、今回のキャンプデートは3カ月も前から予約してずっと楽しみに待っていた日なのです。

けれど私はキャンプのことはまったく分かりません。
そのため、私が言い出したことにも関わらずキャンプ場探しから道具の調達まで何から何まで啓太に甘えっぱなし。

思えば1年目、2年目の記念日のときも、予約や段取りはすべて啓太がやってくれていました。
それなのに、また今回も……。

そんな思いから、私も何か啓太が喜ぶようなことをしてあげられたらと考えたのが、このキャンプサプライズのきっかけです。

キャンプにぴったりな手作りのお酒&グラスをプレゼント

とはいえ、キャンプ初心者の私には、キャンプ中にできるサプライズアイデアがなかなか思いつきません。

そこで、まずキャンプのイメージをしてみようと始めたのが、キャンパーたちがアップしているYouTube動画を見ることです。
おしゃれなキャンプ道具を紹介している動画や、キャンプにおすすめのご飯メニューを紹介しているような動画がたくさんあり、見ているだけでも楽しく啓太がアウトドアにハマる理由も分かったような気がしました。

そんな中でふと目についた1本の動画。
それは、簡単な食材だけでできるサングリアのレシピを紹介しているものでした。

用意するのはスーパーやコンビニで手に入る冷凍フルーツとワインだけ。
そして、フルーツの上にワインを注ぐだけで見た目もおしゃれなサングリアがあっという間に完成するというのです。

サングリアといえば、フルーツをワインに漬け込んで作るのが主流で時間も手間もかかりそうなイメージをしていたので、まさかこんなに簡単に自分で作れるだなんてびっくり!

これなら、買い出しのときにフルーツとワインだけ購入しておいて、キャンプ場でもパパッと作って楽しめそうです。
それに、星空を眺めながらゆっくりとお酒を楽しめるだなんて何て贅沢な時間!

(ちなみに、フルーツをお酒に漬け込んで作ると、アルコール度数が規定値を超えてしまい酒税法に引っ掛かることから、その場ですぐに飲まないといけないのだそう)

サングリア作りに挑戦しようと決めた私は、ネットで探してグラスに注ぐ際に使うボトルを注文しました。

また、おいしいお酒を飲むのなら、どうせならグラスもおしゃれにこだわりたい。
気分があがるのはもちろんですが、3年記念日として形に残るものを何か用意したいという気持ちもありました。

ネットでグラスを検索してみると、おしゃれなものがたくさんあってどれも目移りしてしまうほど。

迷ってしまって決めるのに時間がかかってしまいましたが、おかげでとっても素敵なグラスに出会うことができました。
それは、吹きガラスで制作された暗闇で光るペアのガラスコップです。

明るい場所で光を蓄えさせると、暗い場所できれいなエメラルドグリーンに光るそうで、サプライズ演出に一役買ってくれそうだと思いました。

また、一番の決め手となったのが、スマホのライトを短時間あてるだけでも対応可能という点。
これなら、明かりの少ないキャンプ場でも準備ができそうです。

このグラスに一目ぼれをした私は、早速注文手続きへと移ります。

『啓太、喜んでくれるといいなぁ。当日いいお天気でキャンプが楽しめますように』

いよいよ真由’S Barの開店へ!

キャンプデート当日。

『お待たせしました! フルーツたっぷりスペシャルサングリアです』
「え、ちょっとすごいんだけど! こんな短時間で本格的なのが出てきた!」

差し出されたスペシャルサングリアを見て、啓太はかなり驚いています。

それもそのはず。
完成までに要した時間は5分余り。

それにBBQで余ったレモンをグラス口にさし、氷の上にハーブをトッピングしてみたら、まるでお店で出されるようなおしゃれな見た目に仕上がったので、私自身もびっくりしたほどです。

けれど、サプライズはまだこれでは終わりではありません。

『啓太、こっちで乾杯しよう! 来てきて!』

タープの外で手招きする私を見て、啓太は不思議そうな表情をしながらこちらへ近付いてきます。

そして、タープにかけてあったランタンのスイッチをオフにすると、グラスの光りが目に飛び込んできました
(グラスは真由’S Barが開店する少し前から、テントの中でスマホのライトを使って光を蓄えさせておきました)

「え、何これ、どういうこと!? グラスが光ってるんだけど」

暗闇の中で淡く光るエメラルドグリーン色は、私もうっとりしてしまうほどの美しさです。

『へへへ、びっくりした? 今月で私たち3年になるから、何かその記念になるものがあったらいいなぁと思ってこのグラスを用意してみたの。どう、素敵でしょ? このグラス』

「お酒もびっくりしたけど、グラスも驚いた。うん、でもほんとにこのグラスいい感じだね。何とも言えないこの色みが特に。 あー、星もきれいだし、お酒もおいしいし、真由’S Bar最高じゃん!」

グラスをまじまじと眺めながら、嬉しい言葉をくれた啓太。
そんな啓太の喜ぶ顔が見られて、私まで嬉しい気持ちでいっぱいになります。

そのあとは、星を眺めながら焚火を囲みつつ、スペシャルサングリアを二人で堪能。
普段では味わえない特別なひとときを楽しむことができ、忘れられない記念日となりました。

ちなみにこのときのグラスは、今は自宅で大切に保管中。

実は、来年私たちは結婚を控えています。
このグラスで一緒にご飯を食べられる日が今から楽しみです。

そして、このグラスを眺めながら今日の日のことを思い出したりするのかな、なんて妄想しながら過ごしています。

ソトレシピ」さまの記事を参考にさせていただきました。

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。