分厚い箱にビスケット1つだけ?!思わず笑顔になる母の日サプライズ

分厚い箱にビスケット1つだけ?!思わず笑顔になる母の日サプライズ

まだ評価がありません
20~29 子ども 50~59 母親
母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021 母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021
サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

母の日当日。サプライズに気が付かない母の反応は……

「もしもし沙織? ちょっともう(笑)こーんな分厚い箱が届いたから何かと思ったらビスケットって! 笑わせてもらったよー」

母の日当日。
離れた場所に住む母から、楽しそうな声で電話が掛かってきました。

この様子ではまだサプライズに気が付いていません。

『ふふふ、お母さんもしかして本当にプレゼントがビスケットだけだと思ってる?』
「え? どういうこと?」

電話越しでも分かる、母のキョトンとした表情に私はついニヤニヤしてしまいます。

これは、私が母に仕掛けたちょっとした母の日サプライズのアイデアです。

春にピッタリなかわいいイヤリングを発見!

母の日を1ヶ月後に控えた4月のある日。
私は母へ贈るプレゼントを探していました。

これまでお花や服、小物や本などさまざまなプレゼントを贈ってきたので正直今年はネタ切れ気味。
どうしたものかと頭を抱えていたら、とてもかわいいピアスが目に飛び込んできました。

「うわぁ、コレかわいい! そういえばお母さん、昔から『チューリップって見てるだけで元気がもらえるから不思議よねぇ』って言ってたなぁ。春には毎年チューリップ畑につれていってくれて、家族みんなで写真撮ったっけ」

家族の思い出が詰まったチューリップの花が、母も私も大好きです。

「あ、でもお母さんピアス開けてない……。こんなにかわいいけど、プレゼントには無理かぁ。ってあれ?! イヤリングにも変更できるの?」

説明をよく読むと、イヤリングにも変更可能とのこと。
真鍮製で耳が痛くなりにくいキャップまでついています。

「うん、決めた! 今年の母の日はこれにしよう」

思い立ったが吉日。
すぐに購入手続きを進めます。

それから2週間後、きれいにラッピングされたイヤリングが自宅に届きました。
春色のとっても素敵なラッピングです。

どうせならあっと驚く仕掛けでプレゼントを渡したい

「ラッピングもきれいだし、イヤリング自体もとってもかわいいからこのまま渡しても喜んでくれること間違いなしなんだけど、せっかくならなんかこう、ちょっとしたサプライズも仕掛けたいよねぇ」

母の日までもう少し時間があるので、私はもう一工夫することにしました。

「あ、そういえばこの前、TikTokでおもしろいラッピングしてる子がいたなぁ」

ふと思い出したのは、彼氏へのプレゼントをラッピングしていく動画です。
100均で大きめの箱と大量の緩衝材を購入し、プレゼントを詰めていくのですが、詰めていく順番が肝!

一番下に本命のプレゼントを置いたら緩衝材で隠し、次にちょっとしたプレゼントを置いてまた緩衝材で隠し、1番上には駄菓子をポンと置いておきます
開けた人は「なんだ! 駄菓子か(笑)」と笑ってしまうのですが、実は1番下にはとっておきのプレゼントが隠れているという仕掛けです。

早速私も近くの100均で材料を購入し、サプライズBOXを作ってみました。

2つ目に出てくるプレゼントを何にするか悩みましたが、普段はなかなか渡さない手紙を書くことに。

「しばらく会えてないし、たまにはいいよね」
と日ごろの感謝を手紙で伝えることにしました。

おかげさまで思ったよりも大きなサイズになってしまいましたが、段ボールに詰めて母の日に届くよう手配完了。
どんな反応なのかワクワクしながら当日を待ちました。

ネタ晴らしでうれしさ2倍に?!楽しそうな母の声を聞けて大満足

母の日当日。
電話が掛かってきた瞬間は、仕掛けがバレたのかバレていないのかドキドキしていました。

しかし、電話の様子だとまだサプライズに気が付いてない母。
ビスケット1枚だけだと思い込み、それでも楽しそうに笑っています。

『ふふふ、お母さんもしかして本当にプレゼントがビスケットだけだと思ってる?』
「えー? どういうこと?」

やっぱり、母はビスケットがプレゼントだと思い込んでいます。

『ビスケットの下に、何か入ってない?』

そう声をかけると、ガサガサという音とともに、
「あ! えー、お手紙が隠れてるー!」
と興奮気味な母の声が聞こえてきます。

『まだまだ。もう1つ隠れてるよ』
「えっそうなの? ……あ!」

本命のプレゼントにやっと気が付いた様子の母。

「ちょっと開けてみるね。……うわぁ、とってもかわいい。チューリップ、お母さん大好きなのよー!」

『知ってるよー。お母さんに似合うと思ったし、家族の思い出がたくさん詰まったお花だったからさ、迷わずこれを選んだんだよね』

「ありがとう。そうそう、みんなでチューリップ畑行ったよねぇ。楽しかったなぁ。みんなすっかり大きくなって。はぁ、どうしよう。お母さんちょっと涙が出てきちゃった。てっきりビスケットがプレゼントだと思ってたから、ビックリやらうれしいやら」

『ふふふ、ビスケット1枚であんなに大きな箱使わないよ(笑)』

最初の時点でうれしそうな声だったものの、サプライズを種明かしするたびにさらにテンションが上がっていく母の声を聞いて、こんなにも喜んでくれるサプライズを用意できてよかったと私も大満足の母の日になりました。

今度、春に帰省するタイミングがあればまた母と一緒にチューリップ畑へ出かけたいなと思っています。

合わせて読みたいサプライズアイデア

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。