1年目の結婚記念日アイデア!おうちの中に開店するサプライズBar

1年目の結婚記念日アイデア!おうちの中に開店するサプライズBar

まだ評価がありません
30~39 30~39
母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021 母の日のサプライズな渡し方とプレゼント特集2021
サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

結婚記念日のアフター5はおうちでBar!

「んー! 絵里、やっと会議終わったよ! ……えっ!?」

ダイニングの扉を開けた弘樹は、その光景に驚いています。

「じゃじゃーん! 今日が結婚記念日って弘樹覚えてた? (笑) 本日限定、サプライズBarの開店です!」

そう、今日は夫婦揃って在宅ワークの中迎えた、初めての結婚記念日。

コロナ禍で外食がしづらい状況でも、何かおうちで特別感のある夜を過ごしたい、と企画したのはサプライズBar
弘樹のリモート会議が長引いてくれたので、なんとか準備も間に合いました。

「えっ! この料理すごく美味しそう! なんだかムーディーな雰囲気だし……」

「はいはい! まずは乾杯しましょう!!」

これは、1年目の結婚記念日を夫と祝うべく企画した、おうちでできるサプライズアイデアです。

行きつけのお店の味を家でも再現したい!

「またしばらくは、『ジョニー』行けないなぁ……」

今年に入ってすぐのこと。
コロナ禍は深刻さを増し、2回目の緊急事態宣言下となりました。

『ジョニー』というのは、私たち夫婦が揃ってよくいく近所のBar。
リーズナブルながら、美味しいカクテルとおつまみを出してくれる行きつけのお店です。

結婚して、引っ越し初日に乾いた喉を潤しに行ったのがきっかけですっかりハマってしまいました。
仕事でお互い帰りが遅くなったときには、ジョニーで待ち合わせることもしばしば。

マスターの人柄も温かく、とても心癒される場所なのです。

しかし、昨今のコロナ禍で、現在では営業時間を縮小して営業しているようで、このところは行けずにいました。
そのため、弘樹の残念そうなつぶやきを聞いたとき、私はふとあることを思いつきました。

(もうすぐ私たちの初めての結婚記念日だ……ジョニーに行くのは難しいけれど、おうちでカクテルやおつまみを真似て作って、お祝いできないかな……

私は早速、ジョニーで二人でよく頼むドリンクやメニューを思い出して、作り方をネットで調べてみることにしました。
でも凝ったものが多くて、平日こっそり準備するのは難しそう……。

そんなとき、あるアイデアを思いついたのです(それは後ほどご紹介!)。

おしゃれな照明とグラスでムードを演出!

結婚記念日当日は平日ということもあり、二人とも日中から家で仕事の予定。
幸い、私はダイニングで、弘樹は寝室でそれぞれ仕事をしているので、少し早めに仕事を切り上げれば、準備はなんとかこっそり進められそうです。

(でも、普段のダイニングの雰囲気じゃ味気ないし、せっかくなら、いつもとは違うムーディーな感じにできないかな……

考えたのは、ジョニーの店内の雰囲気。
ぼんやりと薄暗い店内に、間接照明がぼんやりカウンターを灯して、とてもおしゃれな空間なのです。

(そうだ! この機会に、夜にぴったりの素敵なテーブルライトとかどうだろう……)

ネットで探していると見つけたのは、イメージにぴったりのおしゃれなライト。
噴水型のガラスから漏れる光がお酒の席をムーディーに演出してくれそうです。

そしてもう一つ、併せて気になったのが『光るペアグラス』。
明るい場所で光を蓄えて、暗闇で淡くブルーに光るというから驚きです。

明かりを消したダイニングに、このライトとグラスの光がぼんやり灯る様子を想像しただけで、とてもワクワクしました。

(1年目の結婚記念日、この先二人で使っていける思い出のプレゼントになりそう!)

早速注文して、あとは当日の準備を頑張るのみ。

弘樹がびっくりして喜んでくれる様子を思い浮かべて、私も楽しみになりました。

料理はお店のテイクアウトを活用!

そして今――素敵なライトの灯ったダイニングテーブルを前に、予想以上の反応を見せてくれた弘樹。

「えっ、このサーモンのムニエルとかマリネ、ジョニーで出てくるのと一緒じゃん! 絵里が作ったの?」

「えへへ、実はね、ジョニーのマスターに今日のこと電話で相談したら、お昼の時間にテイクアウト販売してるからおいでって言ってもらったの。カクテルの作り方も、コツ教えてくれたんだ!」

そう、おつまみの作り方で悩んでいた私がマスターに相談したところ、快く力を貸してくれたのです。

「すごいな! 絵里ありがとう。このライトもグラスもすごくおしゃれだし……いつものうちじゃないみたい」

「ジョニーのマスターにも感謝しないとね。コロナ禍が落ち着いたら、また沢山通いたいね! さて、一年目の結婚記念日を祝う最初の一杯は……」

そう言って、光るグラスに用意したのは、シャンディガフ。
キリッと冷えたビールに、辛口のジンジャーエールをマスターおすすめの割合で加えていきます。

「これからも弘樹とたくさん楽しい時間を過ごしていけますように! 乾杯!!」

気軽な外食が叶わない今、おうちに居ながらでも記念日を特別なムードで祝いたい。
皆さんも、ぜひ工夫して記念日を大切な人と一緒に満喫してくださいね。

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。