宇宙好き夫への誕生日プレゼントは寝室が宇宙になるサプライズアイデア

宇宙好き夫への誕生日プレゼントは寝室が宇宙になるサプライズアイデア

まだ評価がありません
40~49 40~49
相手別に探せる個性的で上質なプレゼント
【相手別】サプライズにおすすめのプレゼント商品例

彼氏/夫・友人・子ども・彼女/妻へそれぞれに贈る厳選プレゼント

サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

宇宙が好きな夫への誕生日サプライズがスタート!

今日は夫の48歳になる誕生日。
いつも通り夕食を終え、ソファで牛のように横たわっている夫を横目に私は夕食の片づけを終えました。

だらだらとザッピングしている夫の背後に陣取ると、

「ゴホン」と咳で喉を整え、

「え~、次の停車駅は惑星バースデイ、バースデイ。生まれてからの経過時間(本来は停車時間)は420,774時間27分と6秒です」

と事前にYouTubeで観た銀河鉄道999に登場する車掌さんのセリフを真似てアナウンスすると、びっくりして夫がこちらを振り向きました。
その表情から「こいつ頭がおかしくなったんじゃないか」と伺えます。

「いきなりなんだよ! びっくりしたじゃん」

「誕生日おめでとう! これから宇宙の旅に連れて行ってあげる」

というと夫はぽかーんと口を開けて思考停止になっている様子。

「こちらへどうぞ」
と私が夫をエスコートした先は――。

サプライズにぴったりな寝室を宇宙にできるアイテムを発見

私の夫は宇宙大好き人間です。
ロケットの打ち上げニュースや、宇宙に関するドキュメンタリー番組があるとテレビに釘付けです。

その理由は本人曰く、子どもの頃、銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトなど松本零士作品の魅力に取りつかれたようで、将来は宇宙飛行士になるのが夢だったそうです。

既に40代後半。月日が経つのは早いものです(笑)

そんな夫の誕生日をめずらしく祝ってあげようと思ったきっかけは、たまたま通販サイトで見つけた『HOMESTAR Classic(ホームスター クラシック)』という商品。
部屋の中をプラネタリウムにできる面白い商品です。

肉眼で見える星数を超えた約6万個の星空を投影できるそうで、これを寝室で投影すれば、私の癒し効果も期待できるのではと、夫の誕生日に便乗して自分にも得があると踏んだ上でのバースデーサプライズです。

事前に寝室で投影してみると、
『遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時~』
と深夜ラジオ番組ジェットストリームのオープニングナレーションが聴こえてきそうです。

『満点の星をいただく果てしない光の海を~……』

「これ絶対喜ぶわ!」

と確信した私は、更に感動のプレゼントを用意していたのです。

宇宙好きにはたまらない!夫が感動するプレゼントとは

ズバリ! 日本漫画界の巨匠 松本零士氏が背景画デザインと監修を行っているサンドピクチャー【GalaxyZERO-零-ギャラクシーゼロ】です。

サンドピクチャーとは、密封された二枚のガラス板の中に、水と空気、複数の色の着いた砂を入れた鑑賞アイテムで、縦や横、逆さにすると流れ落ちる砂が織りなす模様をいつまでも眺めていたくなる、そんな幻想的で吸い込まれるようなインテリアです。

私が選んだサンドピクチャーは、オーストラリアの作家クラウス・ベッシュ氏が創り出す壮大かつ幻想的なサンドアートで、なんといっても松本零士氏とのコラボレーション作品であることがこれ以上ないプレゼントになります。

「宇宙」と「メーター(計器)」が色鮮やかに描かれた銀河と、グラデーションを巧みに使った宇宙の蒼の色合いが、とても美しくそしてパワーを与えてくれそうです。

※上記動画は作家クライス・ベッシュ作品の「KB Collection オーロラ」です。砂の動きの参考動画となります。

私は寝室のウォールシェルフに、この松本零士氏とのコラボレーションしたサンドピクチャーを飾りました。
これで、サプライズの準備完了!

「向こう10年分くらいの誕生日プレゼントだな」と思いながら、夫へサプライズをするためリビングへ向かいました。

寝室に入ると広がる宇宙空間に感動

誕生日当日。
私が夫をエスコートした先はサプライズが仕掛けてある寝室。

「惑星バースデーに到着いたしました」
と相変わらず銀河鉄道999の車掌さんになりきっていると、

「何言ってんの? わけわかんない」
とシラケる夫。

そんな夫が寝室のドアを開けると、

「なんじゃこりゃ~!!!」

と大声あげながら宇宙空間に足を踏み入れ、まるでカメが甲羅から顔を伸ばすかのように天井を見上げています。

「惑星バースデーから見る宇宙の景色はいかがですか?」
と声をかけると、

「凄すぎる。まるで惑星に立って宇宙を眺めているみたい」

と、さっきまでのシラケ顔はどこへやら。
子どものような表情で食い入るように星々を見上げています。

そのとき視線の先に流れ星が!

このプラネタリウムはランダムなタイミングで星が流れる流れ星機能がついているのです。

「おー! 流れ星だ! すげー!」

と再び感動する夫。

私はウォールシェルフに飾ったサンドピクチャーの傍に立ち、スマホからYouTubeでBGMを流します。
イントロが数秒流れたところで、ルームライトをオン!

夫の視線は天井から私へ移動します。
その視界には色鮮やかに描かれた銀河と、砂のグラデーションが美しいコントラストで表現されている宇宙があります。

サンドピクチャーが創り出す表現は、まさしく夫が子ども心にあこがれた銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトの世界。
そしてBGMは銀河鉄道999。

「今度は何なに? それどうしたの!?」
と聞いてくる夫へ、

「松本零士氏が背景画デザインを描いて監修した砂が創り出すアートをプレゼント!」

サンドピクチャーを説明すると、夫はとても気に入ったようで、

「これ夢じゃないよね? ほんとに夢じゃない?」

と何度も確認するのです。

中年夫婦の誕生日サプライズは大成功! たまにはいいんじゃないでしょうか。

参考: 生まれてからの時間を簡単に計算できるサイト

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。