プレゼント選びが苦手な彼氏が彼女を喜ばせる成人式のプレゼント交換アイデア

プレゼント選びが苦手な彼氏が彼女を喜ばせる成人式のプレゼント交換アイデア

87

このサプライズに使用されたアイテム

プレゼント選びが苦手な彼氏が思いついたアイデアとは?

「真也、お待たせ~」

今日は成人式。
大学の入学式ぶりに着たスーツに少し背筋が伸びるような気持ちの僕。

そんな僕に、華やかな振袖姿で手を振りながら小走りに走ってくる女性。
僕の彼女の、麻衣です。

いつもはTシャツやパーカーなどカジュアルな服装が多い麻衣ですが、今日は僕の知っている彼女とは違い、大人の雰囲気たっぷりの女性に見えます。
見とれて、言葉がでません。

「さあ、行くよ! プレゼント交換は式典が終わってからね」

呆けている僕の手を取り、満面の笑顔で会場へ向かいます。
この日のために僕の提案した“プレゼント交換”を楽しみにしてくれているようです。

僕が彼女のために選んだ成人式を祝うプレゼントは、二十歳という節目をスタート地点として、二人で過ごす未来の時間を一緒に楽しみたいという願いを込めたもの。

でも実は僕、プレゼント選びが大の苦手。
誕生日やクリスマスなど、いつも何を贈ったらいいのかとかなり頭を悩ませてしまいます。

そんな僕は今回、絶対に麻衣に喜んでもらえる自信があるんです!

何故かって?
それは、とっさに思いついたアイデアのおかげ。

そして、そのアイデアから選んだプレゼントは、僕たち二人の未来を想像させてくれました。
その未来への気持ちを言葉にして綴った手紙を添えて、大切な人へのはなむけになるようにと準備しました。

成人式で彼女に贈ったサプライズ感溢れるプレゼント交換アイデアです。

彼氏彼女で成人を祝う“プレゼント選びゲーム”

僕たちは同じ大学に通う同級生。
付き合い始めて約1年が経ちました。

ある日、麻衣が、
「来年は成人式だね。お祝いのプレゼント交換しようよ」
と言い出しました。

プレゼント選びが苦手な僕は、
「そ、そうだね……(汗) プレゼント考えとく」
と、とりあえず返事をしたものの、内心はどうしようかと焦る気持ちでいっぱい。

と、その瞬間、突然いいアイデアがひらめきました。

「プレゼント選びゲームしない?」

突然の僕の言葉に、麻衣は「どういうこと?」と首をかしげます。

ルールは簡単。

  1. お互い欲しいものを3つ考える
  2. 3つの欲しいものを3枚の紙に1点ずつ書く
  3. 紙を折って中が見えないようにする
  4. 3枚の紙をランダムに並び替えて、1枚を選ぶ
  5. 選んだ1枚を交換する。

僕の説明を聞くと、麻衣は、

「なるほど。そのゲームだと必ず欲しいものの一つが貰えるからハズレがないね!
しかもプレゼントに悩むこともないし(笑)」
と乗り気です。

僕はほっとしながら、
「じゃあ、早速やってみる?」
といってメモ帳を切り離し、3枚の用紙を麻衣に渡しました。

お互い3つの欲しいものを書き込んで折りたたみ、麻衣に後ろを向かせて並べ替え。
僕の3枚は麻衣が並べ替えました。

そして、お互い1枚選んだ紙を交換して残りの2枚はすぐに破棄。

開けてみると、『かわいい腕時計がほしい』と書いてあります。

「何が書いてあるかはお互い言わないことね」
そう僕がいうと、

「わかってるって! 楽しみ!」
と僕が欲しいものを見て、麻衣もワクワクしているようです。

プレゼントは、二人で過ごす未来の時間を想像させてくれる腕時計

さっそく僕は腕時計探しを開始しました。

多彩なデザイン、豊富な機能、一言で腕時計といえど、ありとあらゆるものがあり迷ってしまいます。
その中から選んだのは、

京都水引で結ぶ梅の花 水引時計

この腕時計にした一番の理由は、紅白の水引デザインが、成人式当日、振袖姿の麻衣にぴったりで、その場ですぐにつけてあげることが出来ると思ったからです。
そして想像力を膨らませると、成人式だけではありません。

  • 夏は浴衣姿の麻衣を連れて花火大会へ。その腕にはこの時計が。
  • お正月の初詣。袴姿の僕の横にいる振袖姿の麻衣。その腕にはこの時計が。
  • 大学卒業式。振袖に袴の組み合わせ姿の麻衣。その腕にはこの時計が
  • 大学で知り合った共通の友人の結婚式。振袖姿の麻衣。その腕にはこの時計が。
  • 社会人になって、仕事関係の祝賀会やパーティー‥‥‥

プレゼント選びは苦手ですが妄想が得意な僕は、この腕時計をつけている麻衣の様々な姿を思い描き、すぐに注文ボタンをタップしたのでした。

成人式当日、プレゼント交換の行方は?

そして、成人式当日。

「真也 お待たせ~! さあ、行くよ! プレゼント交換は式典が終わってからね」

初めて見る麻衣の振袖姿に見とれながら、手を繋いで会場へと向かいます。

式典中、僕はプレゼントを見た麻衣の反応が気になって、お祝いの言葉など全く入ってきません。
それどころか得意の妄想が始まります。

プレゼントを開けた時の麻衣の喜ぶ顔。
腕に時計をつけた麻衣が、花火大会や初詣に行くこと綴った手紙を読んでいる姿。

そして、準備していたインスタントカメラで、お互い受け取ったプレゼントを持って記念撮影。
そしていつか結婚……

……と、思わず顔がにやけそうになりましたが、どうやら麻衣にはバレていないようで一安心。笑

さて、肝心のプレゼント交換はどうなったかって?

手紙を読んだ後、少し涙ぐんだ笑顔で「早く夏が来ないかな~」と花火大会を楽しみに待つ麻衣。
きっと浴衣姿も綺麗なんだろうなぁ~……

おっと、またまた妄想に入ってしまいましたが、プレゼント交換は大成功でした!