料理が苦手な友達に誕生日サプライズ!プレゼントはスイーツ教室?!

料理が苦手な友達に誕生日サプライズ!プレゼントはスイーツ教室?!

95

このサプライズに使用されたアイテム

料理が苦手な友達へ、誕生日プレゼントだけでなく作り方まで伝授

最近、料理が苦手な親友に彼氏ができたらしい。
これは詳しく聞かなくては。

話を聞くために、私は彼女の好物をごちそうするからと、家に呼び出すことにしました。
もちろんそれだけが目的ではなく、真の目的はもうすぐ誕生日である彼女にプレゼントを渡すためなんですが、ただ渡すだけじゃつまらないですよね。

今回は、プレゼントに加え「カンタンスイーツの作り方」まで伝授することにしたサプライズアイデアをご紹介します。

「おいしかった。ごちそうさま。千秋のペペロンチーノやっぱり絶品」
ペペロンチーノを平らげ、親友の里穂が満足そうに笑います。

「私もこんなふうに料理が上手に作れたらなあ」

「そんなに難しくないよ。これなんて混ぜるだけだし。そうそう、バレンタインも近いし、彼氏にスイーツ作ってあげたら? 混ぜるだけのやつなら里穂でもできるって」

「千秋のようにうまくはできません」
私の言葉に、里穂がおどけて言い返してきました。

「そう言わずに。カンタンなものでも素敵なお皿に乗せるとめっちゃ映えるよ」

私はそう言って、SNSの写真を何枚か里穂に見せました。
実はこの写真、私が撮影したもので、今回のサプライズの仕掛けでもあります。

「わあ、素敵」

「ね、こんなお皿に乗せたら手作りスイーツもものすごく映えるでしょ。器って大切なのよ」
私が言うと、うんうんと里穂が頷きました。

里穂の反応は思った通り。
あえてこのお皿に載ったスイーツ写真を見せたのには理由があります。

「じゃあ、これを一緒に作ってみない? デザートに」

「え?」
私の提案に、里穂がぽかんとしました。

私が作ろうと提案したのは、市販のタルト生地に流し込んで固めるだけのカンタン生チョコタルト。

材料は、市販のプチタルト台、ミルクチョコレート、生クリーム、無塩バター、飾りのナッツ。
ボウルに材料を溶かして混ぜ、市販のプチタルト台に入れて30分冷やします。

ぶきっちょさんでもできる、混ぜて固めるだけなのに見栄えがするカンタンスイーツ。

出来上がったら用意していたお皿に乗せて、チャービルを添えて完成。

「あら、このお皿……」

透明で繊細なデザインのお皿に、里穂が気づいてくれました。
そう、このお皿はさっき見ていたSNSで使われていたお皿。

「これ、里穂への誕生日プレゼント。『パート・ド・ヴェール』という製法で作られたお皿なの。どう、これならカンタンにできるでしょ? このお皿なら見栄えもばっちりだし。彼氏にバレンタインスイーツ出してあげてね」

私の言葉に、お皿だけでなく生チョコタルトの作り方まで含め全部誕生日プレゼントだと気づいてくれたようです。

「ありがとう! 助かります」
里穂が笑ってくれました。

誕生日プレゼントにパート・ド・ヴェールのお皿を選んだ理由

里穂にお皿をプレゼントしようと思ったのは、やっぱり「彼氏ができた」と嬉しそうに報告してきたのがきっかけです。

もともと誕生日には何かをプレゼントしようと思っていたのですが、どうせプレゼントするのなら使えるものがいいなあとぼんやり考えていました。

スキンケアセットや、コスメアイテムあたりかなあと考えていたところに「彼氏ができた」と教えてくれたうえに、
「千秋みたいに料理が上手にできたらなあ」
「頑張ってはいるんだけど、こないだ作ったハンバーグが信じられないくらい固かった」
などなど、苦手な料理に取り組んでいることも報告してくれたから。

そこで、料理が苦手な里穂のモチベーションアップにつながるものがいいなと考えていたところ、偶然、それは素敵なお皿に載ったスイーツフォトを見つけたのです。
それが『パート・ド・ヴェール』という製法で作られたお皿でした。

『パート・ド・ヴェール』はフランス語で「ガラスの練り粉」を意味する言葉。

世界で最も古いガラス製品の作り方で、一点ずつ手作りされるのが特徴です。

だからデザインがとても繊細。
特別な贈り物にぴったりのお皿だから、大切な人ができた親友に使ってほしいと思って選びました。

QRコードで追加のレシピをつけてお皿のお蔵入りを防止

実用品を贈るのですから、使い続けてもらいたいですよね。

里穂の誕生日はバレンタインにも近い。
料理経験の浅い里穂でも失敗しにくいスイーツレシピと一緒に渡したら、誕生日プレゼントにぴったりなんじゃないかしら。

いや、不器用な里穂のこと。
レシピだけでは不安だから、もう一緒に作ってあげよう……。

そうして、この誕生日サプライズを思いついたのでした。

でもこれだけでは不安なので、あのあと戻したお皿の箱の中に、「里穂でもできる! カンタンスイーツ」レシピ動画をピックアップしたものをQRコードに入れて貼っておきました。

基本的にチョコを溶かして材料と混ぜて固めるだけのものを選んだので、里穂でも作れると信じています……。

参考:市販のタルトで 簡単生チョコタルト レシピ・作り方