妻へクリスマスに結婚10周年のサプライズなダイヤモンドリング!?

妻へクリスマスに結婚10周年のサプライズなダイヤモンドリング!?

まだ評価がありません
30~39 30~39
相手別に探せる個性的で上質なプレゼント
【相手別】サプライズにおすすめのプレゼント商品例

彼氏/夫・友人・子ども・彼女/妻へそれぞれに贈る厳選プレゼント

サプライズアイデアを物語で発信してます

この物語はフィクションです。アレンジやマネできるアイデアであなたのサプライズをお手伝い!

クリスマス1週間前に気付いた結婚10周年

あと1週間もすればクリスマス。今年もあっというまに終わるなぁ‥‥‥

と1年が過ぎ去る速さを最も感じるこの時期。

いつもの日課で、ネットニュースを流し読みしていると、

【結婚10周年記念日特集】

という広告が目につきました。

10周年ねぇ‥‥‥

と指折り数えてみると‥‥‥

「今年10周年じゃん!」

と思わず声を出してしまったとたん、背中に冷や汗が流れる感覚。

男性が記念日を忘れやすい理由は、女性と脳の構造が違うという説があるそうですが、そんなことについて悠長に調べる余裕はありません。

同じような境遇にいらっしゃる世の中の男性(ご主人)へ、

「クリスマスにサプライズしようと思ってたんだよ!!」

と言い訳ができる、クリスマス結婚10周年サプライズアイデアです。

プレゼント探しと同時に『言い訳』作りも

背中に冷や汗が流れるほど焦ってしまったのには理由があります。

つい先日、

『パパは記念日なんて覚えてたことないよね』
と妻が娘に話してしたのを立ち聞きしてしまったのです。

何の話題からそんな会話になったのかわかりませんが、ひょっとすると結婚10周年のことを言っていたのかもしれません。

なぜならば、私たち夫婦の結婚記念日は今年の6月。
半年前に過ぎ去っているのです。

このまま何もなかったかのように、記念日を忘れる男を貫き通すか、それとも10周年という節目なのだから、起死回生のサプライズをを行うか。

「どうする俺!」

と自問自答しながら、とにかく結婚10周年に贈るプレゼントをネットでリサーチ。

10年目にはスイート10(テン)ダイヤモンドを!

なんてカッコいい記事が並ぶ中、

「こっちは年末まであと2週間しかないのに、指輪なんて間に合わないだろ!」

と焦りながら、別のプレゼントを物色。

しかし冷静に考えてみると、プレゼントを買うのは簡単ですが、自分にとってもっとも重要課題は、

『結婚記念日を忘れていたことをどうやって言い訳するか!』

ということに気付いた私は、プレゼント探しと同時に、『言い訳』作りも考えなければならなかったのです。

クリスマスを利用しての言い訳アイデア

言い訳に利用しようと考えたのはクリスマス!

といっても、今年残っている世の中的なイベントとしてはクリスマスしかありません。

「よし! クリスマスに起死回生のサプライズだ!」

と意気込みながら、クリスマスサプライズアイデアをググりまくりました。

そして偶然としかいいようのない素敵なプレゼントを発見!

~サンドピクチャー 砂が創り出す壮大で幻想的なアート~

その名は【ダイヤモンドリング】

ダイヤモンドの指輪ではなく、皆既日食の際に見られる月の影から太陽の光が一カ所だけ漏れ、まるでダイヤモンドのように光輝く現象【ダイヤモンドリング】を砂で表現するアート作品です。

2枚のガラス板の間に、比重の異なる砂、水、空気が入っており、絵を上下左右逆さにすることで砂が移動し、描かれているダイヤモンドリングを中心に毎回違った模様を創り出します。

「これだ!」

半年前に過ぎ去った結婚記念日を今さらサプライズで演出するには正攻法では無理です。

なので、今の私には奇襲作戦しかないのです。

クリスマスに結婚10周年サプライズ!妻の反応は?

クリスマス当日。

我が家は毎年恒例で夕食にはローストチキンを食べて、娘と3人でこたつを囲み、妻が予約していたホールケーキを食べながら、年々少なくなる会話とテレビを観るありきたり? なクリスマスを過ごします 。

私は夕食を食べ終わるとすかさず寝室へ。
妻が後片づけをしている間に、大急ぎでサプライズをセッティング。

『パパ! 何してるの? クリスマスケーキ食べるよ』
と娘が呼びます。

「よし! これで完了だ」

私は何食わぬ顔でリビングのこたつに入ってケーキをパクリ。

そしてケーキを食べ終えた妻はお風呂に入るため、いつも通り寝室へパジャマを取りに入った瞬間、

『何これ!? どうしたの!(笑)』

という大きな声をあげました。

娘が慌てて寝室へ入ると、そこにはカーテン全面に飾られたガーランドライトが光り輝いています。

部屋に設置されているウォールシェルフに目をやると、家族の写真が入れられたフォトフレーム。
真ん中の枠には『祝 結婚10周年』と書かれたメッセージカードがセットされています。

そしてその横には、ガーランドライトの明かりでより一層幻想的に見えるダイヤモンドリングのサンドピクチャーが!

妻と娘が口をそろえて、

『パパどうしたのこれ!(笑)』

と驚いた顔で聞いてきます。

「クリスマスに結婚10周年のサプライズプレゼントだ!」

と胸を張って言うと、二人で大笑いしながら一言。

『忘れてたくせに(笑)』

起死回生とまではいかないかもしれませんが、多少の挽回はできたのでは。

ちゃんと砂でできたダイヤモンドリングの説明をすると、とても喜んでくれました。

お探しのシーンと相手を選んで
あなたに合ったサプライズアイデアをみつけてください。