クリスマスまであと8日!!妻へのサプライズなプレゼントの渡し方

クリスマスまであと8日!!妻へのサプライズなプレゼントの渡し方

41

このサプライズに使用されたアイテム

今年のクリスマスどう過ごす?タイプ別サプライズアイデア 今年のクリスマスどう過ごす?タイプ別サプライズアイデア

妻がスマホを探しにいったその先に‥‥‥

僕はスマホのアラームをセットし、妻へのクリスマスプレゼントをギフトバッグに入れて準備万端。
そこへ妻が仕事からいつも通りの時間に帰宅しました。

「雅彦、すぐご飯つくるから待っててね」

「りょーかい。アイロンかけしておくよ」

なにげないいつもの会話。

そして夕飯を済ませ後片づけをしていると、隣の部屋から妻のスマホの着信音が鳴ります。

「あれ!? 誰からだろう?」

と妻がスマホを探しにいったその先に、クリスマスプレゼントが隠されているのです!

クリスマスまであと8日!!急遽クリスマスプレゼントが必要に!?

クリスマス8日前‥‥‥
家事を終わらせ二人でこたつに入ってテレビをつけると今年流行した出来事や商品を紹介する番組が流れていました。

その中でグルメ特集があり、バスク風チーズケーキが大人気! と司会者が伝えたところで突然妻が、

「クリスマスにバスク風チーズケーキ作ってあげようか!?」

と素早い反応。
たまにパンを焼いたり、洋菓子を作ったりすることがある妻は、自分で作る楽しみと、クリスマスケーキの代替えとして一石二鳥と思ったのでしょう。

そこに甘党の僕が要らないと言うわけないとの確信があるので、
「作ってあげようか!?」
という言葉が少し恩着せがましく聞こえてしまった僕。

「お、おう、ありがとう! 楽しみだなぁ」

と突然の手作りケーキが提供されることに躊躇しながら反応したものの、

‥‥‥今年はクリスマスプレゼント準備してないんだよなぁ やばくない!?‥‥‥

と心の中で焦り始めるのでした。

今年は結婚して3年目のクリスマス

僕たちは結婚して3年が経つ新婚共働き夫婦です。

1年目のクリスマスは、妻が見つけて一目ぼれしたおしゃれなクリスマスツリーを購入して、自宅でワインを飲みながら二人だけのクリスマスパーティーを楽しみました。

2年目のクリスマスは、妻が外食したいとのリクエストでイタリアンレストランを予約。

そして今年。
特に何も計画していなかった状況を、釣った魚に餌をやらないというのでしょうか。

手作りケーキを作ってあげると言い出した妻へ、プレゼントを用意していないことになんとなく罪悪感を抱く僕は、急遽プレゼント探しに翻弄するのでした。

といっても気持ちが焦るばかりで、何を選んでよいか全く浮かびません。
しかもクリスマスは8日後。
それまでに手元に届いていなければなりません。

とにかく検索し続け、クリスマスプレゼント特集やプレゼントランキングページを閲覧。
そしてスマホを持ったままウォークインクローゼットに入った時でした。

クローゼットには妻のバッグが並んでいます。
スマホ画面にもたまたまバッグの画像が。

勢いに任せて、
「よし! バッグにしよう!」
と即決。

そしてクローゼットには無いカタチのバッグを探すことにしたのです。

僕が見つけたバッグは普段使いできる帆布トートバッグ。
左右非対称なシルエットが特徴的で、身体に沿うようなカーブは肩にかけてフィットしやすいように作られています。

そして何より妻が持っているバッグの中には同じようなデザインはありません。

「よし! これに決まり!」

とにかく比較検討している余裕がない僕は、すぐに注文手続きを済ませました。

8日前でも間に合うサプライズな渡し方

クリスマス当日。
僕は急いで帰宅し、隠しておいたトートバッグの中に自分のスマートフォンを入れ、事前に購入しておいたギフトバッグの中へ

僕のスマートフォンには仕掛けをしています。

その仕掛けとは――。

  1. 妻のスマートフォンの着信音、”Official髭男dism”の『I Love…』と同じ曲を、僕のスマートフォンの目覚ましアラートで流れるようにセット
  2. その状態でバッグの中へ

たったこれだけ!
これで準備完了です。

そして妻が帰宅し、夕飯を済ませ後片づけをしていると、隣の部屋から予定通り”Official髭男dism”の『I Love…』が流れてきます。

「あれ!? 私の携帯が鳴ってる?」
といいながら隣の部屋へ入ると、

「これ何? 袋の中から音が聴こえるんだけど(笑)」

「早く出ないと着信切れるよ(笑)」

「どうなってるの!?(笑)」

といいながらギフトバッグからプレゼントを取り出しリボンをはずして箱を開ける妻。

鮮やかな朱色のトートバッグを見た妻は、

「えー! クリスマスプレゼント!? 凄くセンスいいじゃん!」
と気に入ってくれた様子。

そして音楽が鳴る仕掛けが目覚ましアラートと気づくと、

「しかし、イレギュラーな渡し方ね(笑)」

と僕の仕掛けたサプライズに笑いながら喜んでくれました。

翌日は休日。
妻は予定通りバスク風チーズケーキを作ってくれました。

二人でコーヒーブレイクしていると、着信音が……

朱色のトートバッグの中から聞こえてきます。

●参考サイト:iphoneの“目覚まし”でお気に入りの曲・音楽を設定する方法