プロポーズの場所と方法は?何気ない日常の中で彼女に仕掛けるサプライズ!

プロポーズの場所と方法は?何気ない日常の中で彼女に仕掛けるサプライズ! まだ評価がありません

51

このサプライズに使用されたアイテム

サプライズプロポーズの場所は?

僕が選んだプロポーズの場所は一人暮らしをしている彼女の部屋。
けっして特別な場所ではありません。普段からちょくちょく遊びに行っているので。

なぜこの場所がサプライズになるのか?

いわゆる逆転の発想とでもいいましょうか……

プロポーズの場所として王道と言われる高級レストランや旅行先のホテル、観覧車の中や映画館なども考えてみたのですが、

どれも彼女にバレるのです!!

今までサプライズなんてしたことない僕が、記念日でもない日にレストランを予約すれば、勘のいい美沙はすぐに気づいてしまうことでしょう。

とにかく美沙は僕からのプロポーズをいまか今かと待ち望んでいるので、僕たちにとってプロポーズの王道では逆にサプライズ感が無い! と判断したのです。
そして辿り着いた場所が彼女の部屋というわけです。

とことん日常の雰囲気を漂わせた中で、いきなりプロポーズ!

というサプライズアイデアです。

サプライズに繋げるための何気ない日常の雰囲気作り

僕はサプライズに繋げるための導線として、美沙の部屋へ観葉植物を持っていき、時間つぶしに立ち寄ったインテリアショップで衝動買いしてしまったと言いながら、テレビ台の上に置きます。

「やっぱり緑があるほうがいいよなあ」

といいながら美沙の反応を見ると、まったく疑う素振りはありません。

「そうだね。小さな観葉植物でも雰囲気かわるね」
と気に入っている様子。

そこで僕が重要な仕掛けを……

「この観葉植物を買ったインテリアショップに、オシャレなハーバリウムも置いてあったから、次はハーバリウム買ってくるよ」
とさらっと伝えると、美沙は

「サンキュー! よろしくね」
とこれまた全く普段の会話と変わりません。

まさかこれがプロポーズの布石とは、これっぽっちも感づいていないことでしょう。
そう、このハーバリウムがプロポーズに必要不可欠なアイテムなのです。

プロポーズの方法はレインボーハーバリウムを使って!

僕が準備したハーバリウムは、LEDライトで幻想的に輝くレインボーハーバリウム。

なぜこのハーバリウムかというと、使用されているボトルは積み重ねることができるように底面に空洞があり、その中にLEDライトをセットできるのですが、なんと! LEDライトと指輪を一緒にボトル底面に忍ばせることができるのです!

まさかプロポーズされるとは思ってない美沙とプロポーズする気満々の僕の目の前で、LEDライトがピンク、ブルー、イエロー、パープル、グリーン、レッド、透明にゆっくりと色が切り替わり、ドライフラワーとプリザーブドフラワーが幻想的に輝きます。

指輪はドライフラワーに隠れているので、ボトルを持ち上げなければ見えることはありません。

これで準備完了です!

何気ない日常が特別な記念日に!

プロポーズを行う日。
僕は指輪を忍ばせたレインボーハーバリウムをいかにもお店で購入したばかりと魅せるため自分でラッピングし美沙のマンションへ。

この日はLEDライトの演出を考えて、日が暮れた仕事帰りに立ち寄ることに。
まさしく何気ない日常です。

「美沙、このまえ言ってたハーバリウム買ってきたよ」

「ありがとう! 見せて! 私好みのお花でしょうね!?」

と僕のセンスを疑いながらラッピングを開けると、白を基調とした花びらの中に、ワインレッドのペッパーベリーをアクセントとしたゴージャス感あるハーバリウムが登場。

「きれい! なかなかセンスいいじゃん!(笑)」

と喜んでいます。

美沙がハーバリウムの色が変化していることに気付いたところで、

「このハーバリウムね、実は仕掛けがあるんだ」

と言いながら部屋の電気を消すと、

「わぁ!! すごーい!」

白い花びらの色がLEDライトに染められて、まるで異なる複数の花がボトルの中で模様替えしているかのようにきらびやかに輝いています。

美沙が、
「これどういう仕組みになってるの?」
と予想通りの質問をしてきたので、心の中で「ナイスリアクション!!」と叫びながら、

「ボトルの底が空洞になっていて、LEDライトをセットしてるんだよ。 ボトルを手に取って持ち上げてごらん」

と誘導し、美沙がゆっくりボトルを持ち上げると……

「え!?」

時間が止まりました。二人とも硬直状態です(笑)

何秒たったのかわかりませんが、

僕から「結婚してください」と。

サプライズ大成功!!!

プロポーズ におすすめのアイテム

合わせて読みたい サプライズアイデア