出産で入院中寂しい想いをさせた長女へ ママから贈るサプライズプレゼント

出産で入院中寂しい想いをさせた長女へ ママから贈るサプライズプレゼント まだ評価がありません

80

このサプライズに使用されたアイテム

ママっ子な長女がついにお姉ちゃんに

私には4歳になったばかりの長女・穂乃果(ほのか)と、産まれてまだ半年ほどの次女・沙由美(さゆみ)がいます。

沙由美が産まれる前は2人育児をする自分が想像できず、
「どんなドタバタな毎日になるんだろう。私やっていけるのかな……」
と不安な気持ちもありました。

けれど、思っていたよりも穂乃果が次女のお世話や私のお手伝いをしてくれるので、今とても助かっています。
それと同時に、穂乃果のお姉さんぶりに私も主人も少し驚いています。

と言うのも、穂乃果はかなりのママっ子です。

幼稚園に通い始めるまで私とずっと2人で過ごしてきたからか、何をするのにも「ママもー!」が口癖。
そのため、沙由美を出産するにあたって一番気がかりだったのは、入院期間中に穂乃果が私と離れ離れで過ごさなければいけないことでした。

主人が仕事で多忙のため里帰り出産の予定をしていて、5日間の入院期間中は穂乃果の面倒を母にお願いしていました。
しかも産院は現在、感染症予防のため子どもは面会できません。

穂乃果にとって“大好きなばぁば”が一緒に過ごしてくれること自体は安心ですが、今まで私と5日どころか1日たりとも離れて過ごしたことがないので、穂乃果にはきっと寂しい想いをさせてしまうはず……。

また、下の子が産まれて上の子が赤ちゃん返りをしたり、甘えん坊になったりした……というのもよく聞く話です。

少し前、友人の赤ちゃんを抱っこさせてもらう機会があったのですが、穂乃果は案の定激しくやきもちを焼き、

「ママ、ほのちゃんを抱っこして! 赤ちゃんおろして!」

とプンプンモードになってしまったことがありました。

顔を真っ赤にして怒る姿を見て、『お姉ちゃんになったら穂乃果も確実に赤ちゃん返りしてしまうだろうな』と覚悟したものです。

ママの大好きな気持ちを伝えるためにサプライズを用意

このことをママ友に相談してみたところ、やはり下の子ができると赤ちゃんにママを取られたと感じてしまう子もいるようで、
『なにか長女ちゃんの心のケアをしてあげられると安心だね』
とアドバイスを受けました。

穂乃果が寂しい想いをしないように、何かしてあげられることはないだろうか。
私なりにいろいろ考えてみました。

そこでまず思いついたのが、穂乃果がずっと欲しがっていたシルバニアファミリーのセットをプレゼントすることです。

最近の穂乃果は、ごっこ遊びが大好き。
おもちゃ屋で見かけて以来「次のお誕生日プレゼントはこれがいい!」とよく言っています。

なので実家にいる間、私がいなくても楽しく過ごせるようプレゼントしたいと考えました。

それとサプライズプレゼントをもう一つ。
穂乃果にあてた手紙です。

最近ひらがなのお勉強をし始めた穂乃果。

なるべく“さみしい”や“がんばって”のワードは避けるようにして、

「ママは穂乃果が大好きだよ」
「退院したら、いっぱい遊ぼうね」
「ママが赤ちゃんのお世話で困っちゃったら、穂乃果お姉ちゃん助けてね」

といった内容を穂乃果に分かりやすく、短い文章で書いたつもりです。

このプレゼントと手紙を通じて、
『ママは赤ちゃんだけじゃなく、穂乃果のこともちゃんと大好きなんだよ』
という想いが伝わればいいなと思いました。

そして出産予定日を控えたある日、
「もし、穂乃果がどうしても寂しくなっちゃったときには、最終兵器としてこれを渡してあげて欲しいんだけど、お母さんお願いしていいかな?」
母にそう言って、プレゼントと手紙を託しました。

どうかこれが穂乃果のお守りになってくれますように……。

寂しさを紛らわせてくれたプレゼントの存在

私は予定日前日に、無事沙由美を出産。

穂乃果のときは慣れないことだらけでアタフタしましたが、2人目ともなると随分慣れたものです。
「ふえーん」と泣き出しても、心に余裕を持って対応している自分にビックリしました。

一方、気になるのはやっぱり穂乃果のことです。
出産した日の夕方、母が穂乃果とテレビ電話を繋いでくれました。

すると、
「ママー、赤ちゃん産まれたの? 赤ちゃんのお顔見せてー! わぁ、かわいいねー! 穂乃果は今日ばぁばとお買い物行ったよー」
と、全然寂しがっていない様子に拍子抜け。

その次の日も同じような感じだったので、もしかしたらあのおもちゃの出番はないかもなぁなんて思っていたほどです。

しかし……。

退院2日前。母より、
「ちょっと寂しくなっちゃったみたいだから、アレ渡しちゃってもいいかな?」
とメールが入りました。

「うん、渡してあげて! 穂乃果大丈夫かな? お母さんもいろいろごめんね」
とすぐに返信。

「どうしよう……穂乃果、泣いてるのかな?」
とソワソワしていると、穂乃果からテレビ電話がかかってきました。

「ママー! おもちゃありがとう。穂乃果のずっと欲しかったやつ! いっぱい大事にするね!
あと、お手紙もばぁばと読んだよ。穂乃果もママだーい好き! いい子にしてるから、早く帰ってきてね」

スマホの画面越しに見る感じでは、いつもの元気な穂乃果でした。

その姿を見てからも私は、
『よかった、穂乃果泣いてなかった……。あと二日、頑張って乗り切ってほしい……』
と少し不安に思っていたのですが、画面越しに母が顔を覗かせ、

「泣いていたわけじゃないんだけど、ママもうすぐ帰ってくる? って何回も聞くもんだから、私も少しかわいそうに思えてきちゃって。
でも、プレゼント見て一気にテンションあがったみたい。
お手紙も一生懸命声に出しながら読んでいたわよ。とっても喜んでたよ」
と教えてくれ、ようやく胸をなでおろしました。

離れていた5日間でしっかり者のお姉ちゃんに変身!

そしてついに待ち望んだ退院日です。

入院した日から穂乃果のことがずっと心配だったのですが、迎えに来てくれた主人と実家に戻ると、穂乃果は、
「ママ、おかえりー!」
と飛びっきりの笑顔で抱きつきにきてくれました。

そして次女の顔を覗きこみ、
「わぁ、赤ちゃんちっちゃいねー。穂乃果、お姉ちゃんになったからいっぱい頑張る! 穂乃果、おむつも抱っこもできるよ!」
と、すっかりお姉ちゃん顔に。

これには主人もびっくりです。

母によると、どうやらシルバニアファミリーの中にあった赤ちゃんのぬいぐるみのおかげだそう。

私がプレゼントしたシルバニアのお人形は4人家族のセットのものだったのですが、その中に赤ちゃんが入っていました。
そして、母が一緒に、

「赤ちゃん、お腹空いているみたいだからミルクあげよっか」
「おむつ替えてねんねしたいんじゃない?」

など、ごっこ遊びをしてくれたのだそうです。
母いわく、もしかしたらこれでお姉ちゃんになる心の準備ができたのかもねとのことでした。

私が実家に戻った日も、
「これがママとパパで、こっちは穂乃果。で、これは赤ちゃん」
と人形を指さしながら教えてくれました。

また、手紙も相当喜んでくれたようで、「ママこれ読んで!」と返事のお手紙も用意してくれていました。

書かれていたのは、
「ママ、ほのかもだいすきだよ。あかちゃんといっしょにあそぼうね」
というとてもうれしい言葉。

穂乃果はまだひらがなを書けないので、母が一緒に書いてくれたそうです。
何だかこれには、逆サプライズを仕掛けられた気分で、ちょっとビックリして泣きそうになってしまいました。

でも、穂乃果が喜んでくれてよかった!
きっと寂しかったのには違いありませんが、頑張って5日間耐えてくれ、この短期間で随分しっかり者のお姉ちゃんになってくれていました。

そしてこの日から半年経った今日まで、穂乃果は一度も赤ちゃん返りをすることはありませんでした。

むしろ、
「ママ、さーちゃんお腹空いてるみたい!」
「おしっこしちゃったんじゃない?」
と私よりもしっかりしています(笑)。

これから一体どんな姉妹になってくれるのでしょうか。
シルバニアのお人形で仲良く遊んでくれる日が来るのかな。

この先が楽しみでなりません。

出産 におすすめのアイテム