単身赴任中のパパにサプライズ!娘が贈るプライスレスな父の日プレゼント

単身赴任中のパパにサプライズ!娘が贈るプライスレスな父の日プレゼント

347

このサプライズに使用されたアイテム

今年のクリスマスどう過ごす?タイプ別サプライズアイデア 今年のクリスマスどう過ごす?タイプ別サプライズアイデア

いつも悩んでしまう父の日のプレゼント

我が家は、単身赴任中の夫ともうすぐ8歳になる娘の美奈、そして私の3人家族です。
単身赴任がはじまった去年から夫だけが離れて暮らしていますが、月に2回ほどこちらへ帰ってきてくれているのでそれほど寂しくはありません。

そんな夫は見た目がちょっぴり強面。
初対面だと「亭主関白っぽい」なんて誤解をされがちなのですが、見た目とは裏腹に、実は頻繁に電話やメールをくれたりする意外とマメな性格の持ち主です。

そのおかげで、私たちがあまり寂しいと感じずに、安心して暮らせているのだと思います。

例えば最近夫のことで驚いたのが、母の日に単身赴任先からピンクのカーネーションを送ってくれたことです。

ピンクのカーネーション自体は娘が産まれて以来、夫が毎年母の日にプレゼントしてくれているものなのですが、娘はもう7歳。
この7年の間、夫は毎年欠かさずカーネーションを用意してくれます。

一方、私はというと父の日をうっかり忘れていて、慌ててプレゼントを用意したことが何度も……。
なので、単身赴任となった今も変わらず当日に合わせてプレゼントを用意してくれる夫のマメさには、今回私も改めて驚かされました。

ですが、母の日にはカーネーションというマストアイテムがあるものの、父の日はそういうものがないですよね。
ここだけの話、それってちょっとズルイよなと密かに思っている私(笑)

というのも、夫には趣味やこだわりがほぼありません。
夫が母の日を忘れずにいてくれるように、私からも毎年父の日に何かプレゼントを用意したいと思ってはいるのですが、いつもパッと思いつかないのです。(そしてそのまま忘れてしまうという……)

最近は美奈も大きくなり、プレゼントを一緒に選んでくれるようになりましたが、昨年も2人で随分悩みました。

さあ、今年の父の日もそろそろ決めなければいけない時期です。

娘が作戦会議で出した斬新なアイディア

早速、娘と作戦会議です。

「パパ、今年の父の日はこっちに帰ってこないんだって。だから何かパパのところに届けようと思うんだけど、何にしたら良いと思う?」
「うーん……パパって好きなものがないから分からないんだよね。お酒も好きじゃないし。ていうか、まず何か欲しいとかパパにあるのかな……?」

美奈も私も「うーん」と唸りながら、しばらく黙り込んでしまいました。
しかししばらくして、突然美奈が「あ! 縄跳び!」と言ったのです。

確かに、最近美奈は縄跳びを熱心に練習しています。

というのも、美奈は運動神経の良くない私に似てしまったようで、ずっと二重跳びができずに苦戦していました。
残念ながら同じく縄跳びができなかった私にはとても教えてあげられないので、夫がこちらに帰ってきた週末に、庭先で特訓してもらうのがお決まりに。

夫は、それはもう熱心に指導していて、朝から晩まで付きっ切りでサポートしています。
今のところまだ何度やっても足に引っかかって上手く飛べないのですが、それでも娘は毎日熱心に縄跳びを練習中です。

ですが、父の日になぜ縄跳びなのか、私にはさっぱり見当がつきません。

「え、それをどうするの?」
と聞く私に、美奈は、
「パパに内緒で二重跳びできるようになってビックリさせる!」
と興奮気味に答えます。

そしてさらには、
「1人じゃできないから、ママも教えてよね。で、できた姿を携帯で撮ってパパに送って!」
と言うのです。

確かに、それは私も思いつかなかった斬新なアイディア。
あれだけ練習に付き合ってきた夫です。きっと驚いてくれることでしょう。

……けれど、父の日まであと2週間ほど。
運動神経の良くない私が教えて飛べるようになるのでしょうか。

内心、これは困ったことになったぞと思う私がいました。

娘の猛特訓がスタート!

早速その日から、二重跳び習得に向けて猛練習を開始。

これまでは学校から帰宅して練習するのは長くても20分程度だったのですが、サプライズを計画した翌日からは庭先で毎日1時間以上飛ぶようになりました。

そんな娘を応援する気持ちはあるのですが、いかんせん運動がまるっきりダメな私は大したアドバイスもできず、ただ「頑張れ!」と声をかけながら見ていることしかできません。

正直、たったの2週間では難しいかもしれない……と思っていましたし、できなかったときに娘が自信を失ってしまうのではないかという心配もありました。

でも、ひたむきに練習に打ち込む娘の姿を見ているうちに、次第に、
「ここまで一生懸命美奈が練習しているんだから、絶対跳べるようになる!」
という気持ちが大きくなっていったのです。

そこからは、美奈が練習している姿をムービーで撮って二人で確認してみたり、ネットでコツを検索してみたり、二重跳びしやすいと口コミで書かれていた子ども用縄跳びを購入したりと、私なりにできることを模索しながら色々試してみました。

すると、ある日のふとしたタイミングで、ポンッと二重跳びができたのです。

「できた! ママ、今の見てた!?」
「うん! 見てた!! 今できたよね!?」

私たちは大喜び。
なんと父の日2日前のことでした。

そこから美奈はコツを掴んだのか、何度も跳ぶうちに2回、3回と連続で跳べるようになり、その日のうちに最終5回までは安定して跳べるように。

子どもの成長ぶりには驚きですが、これは美奈の努力と執念があってこそ。
父の日のためという目的をすっかり忘れ、私も自分のことのように喜びました。

画面越しで最高のリアクションを見せてくれた父の日

父の日の前日、美奈と約束のムービーを撮影しました。
美奈がスマホを構える私に向かってコメントを残します。

「パパ、いつもありがとう。父の日のプレゼント、何を選べばパパが喜んでくれるのか、ママとたくさん相談して、パパに内緒で二重跳びの練習を頑張ることにしました。運動音痴なママも毎日一緒に頑張ってくれたよ! ね、ママ。じゃあ今から跳ぶからしっかり見ててね!」

そう言って、2週間の猛特訓を積み重ねた二重跳びを、5回連続で披露する美奈。
まさかの一発OKです。

そして父の日当日、美奈が学校から帰ってきた15時頃に夫のLINEへと動画を送信。

夫は勤務中のはずですが、すぐに既読になりました。

「パパ、見てくれたのかな? 何て言うかな?」
と美奈もワクワクが隠せない様子です。

19時すぎに夫より電話が入りました。
いつも夫と電話をするときは、ビデオ通話がお決まりです。

「おい美奈! 動画見たよ。二重跳びできるようになっていたじゃないか! パパ、会社で見てビックリしちゃったよ。すごいなあ! しかも連続で5回も。毎日ママと練習頑張ったんだって? 次そっちに帰ったらパパにも見せてくれよな。美奈の諦めないところ、パパはすごいと思っているよ」

満面の笑みといつもより少し早めな口調から、夫も電話越しで興奮しているのが伝わりました。

それを聞いて美奈も、
「やったね、ママ。サプライズ大成功!」
とニンマリ。

電話を切ったあと、夫からLINEで、
「いつも美奈のこと、色々ありがとうな」
というメッセージが届きました。

今まで何度か父の日にプレゼントを用意してきましたが、きっと今回が一番喜んでくれていたのではないでしょうか。

これまでは何か“物”をプレゼントしようと考えていましたが、美奈のおかげでもっと大切なものに気付けたような気がしています。
そして少し気が早いのですが、来年の父の日も美奈とさらなるサプライズを仕掛けるぞと今から意気込んでしまっている私です。