NEW
初めて迎える父の日!妻のあたたかな想いが詰まった手作り動画に感動

初めて迎える父の日!妻のあたたかな想いが詰まった手作り動画に感動 まだ評価がありません

20

このサプライズに使用されたアイテム

かけがえのない娘の存在

早いもので、娘の茉菜(まな)が産まれてもうすぐ10ヶ月が経とうとしている。

初めての育児は分からないことばかりで、想像していたよりも大変だった。
育児書とにらめっこしながら妻とどうにかここまで乗り越えてきたが、この10ヶ月間はとても慌ただしくあっという間に過ぎていってしまったような気がする。

けれど、子どもが与えてくれる幸せは想像していたもの以上に大きいものだった。

僕の仕事は営業職で歩き回ることが多いため、帰宅する頃にはいつもヘトヘトだ。
なのに、茉菜が寝息を立てて気持ちよさそうに眠っている姿を見ると、一気に疲れが吹き飛ぶ。

正直、子どもができるまではこんな感情に自分がなるなんて思ってもいなかったが、今は冗談抜きで茉菜が世界で一番かわいいと思う。

でも、これを言うと、
「ヒロ君の親バカ発言がまた出た(笑)」
と妻が毎度決まり文句のように言ってくるため、なるべく心の中で静かに思うようにしている。

僕の両親にいつも良くしてくれる妻

そんなある日、夜ご飯を食べてテレビを見ながら一服していたときのことだ。

僕の横で、妻が、
「うーん。どれがいいかな……」
とブツブツ独り言を言っている。

何をしているのか聞くと、
「お義父さん、お酒好きだしこれいいかなって思ったんだけどどうかな? 喜んでくれるかな?」
とスマホの画面を僕に見せてきた。

画面には父の大好きな日本酒の飲み比べセットが映し出されている。

そう言えば、来週の週末は父の日。
僕の父に贈るプレゼントを、妻は真剣に悩んでくれていたようだ。

「忙しいのにいつもありがとう。うん、親父の好きな銘柄ばっかりだし、間違いなく喜ぶと思う」

そう返事をすると、妻は鼻歌を歌いながら注文手続きを進めていった。

両親にとって僕は一人息子だけれど、なんせ僕はそういう行事にとても疎い。
妻と結婚するまで、一応両親の誕生日だけは毎年お祝いしていたが、母の日や父の日はいつもスルーだった。

だからそんな僕に代わって妻が僕の両親にいつも良くしてくれることを、とてもありがたいと感じていた。

突然妻から送られてきた謎の動画

僕の勤める会社は、春から夏にかけてが繁忙期だ。
あれからまた怒涛の一週間を終え、ようやく今週も日曜日を迎えた。

ここ最近は帰りも遅く、寝ている茉菜の姿しか見ていない。
普段なかなか会えない分、今日は朝から茉菜とたっぷり遊んだ。
お昼ご飯を食べた後、茉菜はお昼寝タイムへと入る。

そのタイミングを見て妻は、
「ちょっと茉菜がお昼寝している間に、ササッとスーパーに行ってくるー。ヒロ君、茉菜をお願いね!」
と買い出しへ出て行った。

これはだいたい土日の我が家のお決まりのパターンだ。

妻を見送り、一人になってからリビングでボーっとテレビを眺める。
平日の忙しさが嘘のような、とても穏やかな時間だ。

どれぐらいボーっとしていたのだろうか。

突然、ピロンという音とともにスマホがLINEの通知を知らせた。

ポップアップ画面を見てみると、送り主はさっき出て行った妻と記されている。
……けれど、LINEを開いてみてもメッセージはない。

代わりに、一つの動画が送られていた。
「なんの動画だろう? 送り間違いかな?」

考えてみるものの、さっぱり見当がつかない。とりあえず動画を再生してみることにした。

やっと分かった動画の意味に感動

再生ボタンを押すと心地良いオルゴール音が流れ、『パパへ』と書かれた画面が写し出された。
そして、産まれたばかりの茉菜を抱いた僕の写真へと切り替わった。
そこには、『私がパパと初めて出会った日』というコメントが添えられている。

その後も、僕が恐る恐る沐浴している様子を写した写真や、初めてのミルクをあげている写真、家族旅行に行ったときの写真など、次々に写真は切り替わっていった。
それぞれに『初めてのパパの沐浴はぎこちなかったね』、『ミルクはとっても上手だったよ』などのコメントも書かれていた。

最初は突然のことで頭の中が整理できずにいたものの、動画を見ているうちにだんだんと分かってきた。

「これは妻が僕のために作ってくれた動画だ……!」と。

そして、何十枚と写真が切り替わり最近の茉菜の写真が写し出されたあと、
『パパ、いつも私とたくさん遊んでくれてありがとう。優しいパパがとっても大好きだよ』
というメッセージが流れ、動画は終わった。

動画を見終わって、ようやくこの動画の意味が理解できた。
そういえば、自分も父親だった。

茉菜が産まれてから初めて迎える父の日に、妻が茉菜に代わってこの動画を作ってくれたのだ。
これまでの茉菜との思い出が鮮明に蘇り、つい10ヶ月前のことを懐かしく思った。

同時に、この動画を作ってくれた妻のことを考えると、何だか鼻の奥がツーンとしてきた。
育児や家事で忙しくしているなか、この動画を作るのはどれだけ大変だっただろう……。

すると、タイミングを見計らったかのように妻が帰宅した。

「ヒロ君、もしかして動画見て泣いちゃった? 我ながら結構な力作だったでしょ! いつもパパ業頑張ってくれているから、ありがとうを込めて一生懸命作ってみたよ」
と、いたずらっ子のようなはにかみ笑顔を見せる妻。

「うん、かなり驚いたよ。けれどとっても嬉しかった。こちらこそいつもありがとう」
と伝えたところ、妻は、

「やった! サプライズ大成功だ!」
とうれしそうにガッツポーズをして見せた。

そんな妻の姿を見てなんだか僕も嬉しい気持ちになった。

もっと家族との時間を大切にして、父親として頑張らなければ。この動画は永久保存決定だ。

父の日 におすすめのアイテム