彼へのバレンタインプレゼントは宝探しでみつかるリレーサプライズ

彼へのバレンタインプレゼントは宝探しでみつかるリレーサプライズ

334

このサプライズに使用されたアイテム

もうすぐ付き合って1年になる大好きな彼

私には、もうすぐ付き合って1年になる彼氏がいます。
彼の名前は拓海(たくみ)くんです。

拓海くんは、私より4歳年上の29歳で営業のお仕事をしています。
私はアパレルで販売の仕事をしているので、土日休みの拓海くんとお休みがなかなか合いません。

それが寂しくて唯一の悩みだったのですが、1か月前、 拓海くんが私の誕生日に、アパートの合鍵をプレゼントしてくれました。

今月で付き合って1年だし、もしかしたらこの流れで同棲が始まるかも?! と内心ドキドキしている今日この頃です。

誰にも負けないバレンタインの思い出を作りたい

拓海くんと付き合ったのが去年の2月20日なので、今年は私たちにとって初めてのバレンタインです。

手作り料理や、手作りのお菓子だけだと、ありきたりなバレンタインになるよ
ね……誰にも負けないバレンタインにしたい! と思い、サプライズを計画することにしました。

「拓海くんは、それなりに過去の恋愛経験もあるから、元カノたちには負けたくない……!」

勝手に闘争心を燃やした私は、ネットで調べてサプライズを必死に考えました。

「宝探しサプライズ」を参考に、バレンタインのサプライズをすることにしました。

宝探しサプライズとは、プレゼントの隠し場所を決めた上で、いくつかのヒントを用意しておき、ヒントにそって宝の隠し場所を探してもらうサプライズです。

私は、ヒントのメモと一緒にちょっとしたプレゼントを準備していくことにしました。
ヒントを頼りにプレゼントを集めながら、最後に本命のバレンタインチョコレートへたどり着くサプライズです。

運よく今年のバレンタインは平日なので、彼は仕事です。
その間に、合鍵を使ってセッティングすることにしました。

準備万端でのぞむバレンタインの宝探しサプライズ

バレンタイン当日、私は「仕事が溜まってて、今日家に行くのは遅くなるかも」と拓海くんに伝えています。
合鍵で拓海くんの部屋にはいり、さっそく準備を始めます。

ネットで購入したハートの風船を玄関に置き、メモを貼ります。
メモには「冷蔵庫の中へ」と書いてあります。

冷蔵庫の中には、拓海くんの好きなレッドブルエナジードリンク。
メモには「衣装ケース」

衣装ケースの中に、ラルフローレンの靴下。
メモには「ベッド」

ベッドには、拓海くんが好きな香りのルームフレグランス。
メモには「お風呂場」

お風呂場には、拓海くん愛用の化粧水。
メモには私たちの行きつけのバーの店名を書きました。

最後は、私たちの思い出の場所でもあるバーで私が待っているサプライズ。
そこで、本命バレンタインチョコレートをプレゼントする計画です。

拓海くんから
「今から帰るね。仕事が終わったら連絡待ってます」
とラインが来たのを確認して、私はバーへ向かいました。

彼から思いがけない逆サプライズ

うまくいったかな~? とドキドキしながらバーで待つ私。
結構、時間が経っていたのでこちらから連絡しようとすると、ラインが一件届きました。

「すぐ行く」
拓海くんからです。

喜んでもらえたか不安な気持ちで待っていると、バーの扉があきました。

そこには、花束を持った拓海くんが……。

「バレンタインのサプライズ、ありがとう。これ買ってたから遅くなった」
そういって私に花束を差し出してくれました。

「拓海くん……これは反則だよ~……ずるい!」

私は、予想外の展開に感動して泣いてしまいました。

そんな私を見て、
「こんなに嬉しいバレンタイン、初めてだったから俺も何かプレゼントしたくなってさ。いろいろ考えてくれてありがとな。サプライズに感動して、俺は家で泣いてきた」
と、笑う拓海くん。

最後のプレゼントだったチョコレートを渡して、無事バレンタインのサプライズが成功しました。
ドラマみたいにロマンチックで、素敵なバレンタインの思い出ができました。