NEW
【娘の成人式にサプライズ】20年間の思い出を動画で!

【娘の成人式にサプライズ】20年間の思い出を動画で! まだ評価がありません

8

記念日 におすすめのアイテム

成人式を迎える娘

来年、娘が成人式を迎えます。 20年間、長かったような短かったような。幼少期から小学生、中学生、高校生とその年代ごとに目に焼き付いている瞬間、思い出がありますが、その当時を思い起こすと、もう成人式か・・・と過ぎた時間を早く、短く感じます。

現在娘は大学生。それなりに勉強もしているようですがバイトで稼いだお金で旅行に行ったりショッピングをしたり、楽しい日々を過ごしているようです。

そんなある日の休日、妻がウォークインクローゼットの整理をしたいとのことで手伝っているとアルバムが出てきました。
開くと娘が産まれた直後から幼少期の写真が並んでいます。
思わず妻も「懐かしいなあ」と。

最近は写真を撮ることはほとんどなくなりましたが、娘が小さい頃は記念日や行事があるたびに撮影しデジタルプリントまでしていました。

娘のアルバム

私はアルバムをめくりながら、この写真を使って成人式のタイミングで娘にサプライズプレゼントができないかなと妻に言うと、面倒くさがりな妻は、
「あなたが考えてよ」と予想通りの返答。

ウォークインクローゼットの整理に戻り、サプライズの話は私任せということとなりました。

成人式に写真を使ったサプライズを計画

私は早速サプライズアイデアを検討。インターネットで「写真 サプライズ」と検索すると、様々なサービスがあります。

●フォトブック制作サービス
スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像を使って写真アルバムを作ってくれるサービス。

● 写真ケーキ
スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像をケーキの表面にプリントしてくれるサービス。

● オリジナルギフトボックス
写真とメッセージを組み合わせてプレゼントが贈れるギブトボックス

などサプライズ感満載のサービス・商品ばかりです。

その中で、最も私が興味を持ったサービスは、 アトリエパステルという会社が提供している「サプライズムービー制作サービス」
写真や動画を送るとオリジナル動画を制作してくれるサービスです。

早速動画のストーリーと使用する写真データを選定

アトリエパステルさんのWebサイトを詳しく見ると、「パステルメモリア」というサービスで、予めベースとなる動画が制作されており、その中に写真、動画、テキストメッセージを組み込んでくれます。

写真は22枚まで挿入可能ですので、年齢ごとに1年1枚+αの写真選定ができそうです。 またBGMもこちらの希望の曲を入れてくれて、完成した動画を娘のスマートフォンに贈ることができます。

成人式当日、両親からサプライズ動画がスマホに届いたら、娘はとても驚くことでしょう。

アトリエパステルさんが用意してくれている動画の中に、バレンタイン用のサプライズ動画があります。この動画を応用させてもらって、成人式バージョンの動画制作を依頼することにしました。

まずはメインタイトルを決めると、そこからは0歳からの写真を年齢ごとに1枚ずつ選定し動画内で流していきます。その写真ごとにテキストメッセージを表示することができますので、その当時感じたことを綴ります。どうしても言葉が思いつかない写真は妻からメッセージを引き出して。

動画内の写真は1枚ごとに上から下に切り替わったり、円を描いて切り替わったり、右から左へスライドしたり、サンプル動画を観ながら選定している写真が切り替わっていくことを創造するとワクワクしてきます。

22枚の写真選定とメッセージの作成を終えると、私たち夫婦からのメッセージを一言ずつスマートフォンで撮影し、動画の最後に入れてもらうこととしました。

そして最後にBGMの選定です。
私の個人的嗜好による選曲で「ジェイコブ・コーラーさんがJAZZアレンジした銀河鉄道999」を使わせていただくことに。

娘が聴けばすぐに父親の選曲だとわかると思います。

成人式当日、娘の反応は! そしてまさかの逆サプライズが!

成人式当日、娘は早朝からヘアメイク、着付けと大忙し。
午前中は式典に出席するので、動画の配信は13時に依頼しておきました。式典が終わり、多少落ち着いたころにサプライズ動画がスマートフォンに届くと思います。

私たち夫婦が自宅でくつろいでいると、娘が帰宅。

「何!?あの動画!! めっちゃ驚いた! ありがとう!!!」

と興奮気味に感謝の気持ちを伝えると、涙もろい娘は

「ほんとに今までありがとう・・・・」

と涙目になっています。

私は予想通りの娘の反応が面白く、「やっぱり泣いたな。サプライズ成功だ!」と高笑い。そして妻はあきれ顔。

今まで家族でサプライズ的な贈り物をするなんて無かった我が家なので、娘は本当に驚いたのだと思います。

その後、今度は私たちが驚かされることになるとは全く思いもしませんでした。 娘が自分の部屋からラッピングされた箱を持ってきて、

「これ、お父さんとお母さんに。20年間育ててくれたお礼。」と

私には、以前から欲しい、欲しいと独り言をつぶやいていたシロカの全自動コーヒーメーカー。 肩こりがひどい妻には、テンピュールの低反発枕をプレゼントしてくれました。

旅行やショッピングに使っていたと思っていたバイト代ですが、少しずつ貯めていたようです。

自分のことで精いっぱいだった娘からこんなプレゼントを貰うとは。成人したんだなと改めて感じる日となりました。


Customer Review

このストーリーの魅力を評価してください。

クリックして確定後「評価する」ボタンから送信してください。

タイトル