【子ども会のクリスマス会アイデア】子どもと大人が楽しめるサプライズ企画!

【子ども会のクリスマス会アイデア】子どもと大人が楽しめるサプライズ企画! まだ評価がありません

14

このサプライズに使用されたアイテム

子ども会主催で行うクリスマス会のアイデア

私は子ども会の会長をしています高田と申します。
会長任期は1年ですが、年間を通じて様々な行事があり日々忙しく走り回っています。

次に行う行事は恒例のクリスマス会。そろそろ準備に取り掛からなくてはなりません。毎月開催する役員会において、12月のクリスマス会内容を議題にあげ役員メンバーで話し合います。といっても例年似たような内容で開催しているのですが。。。

保護者も参加してのドッジボール、その後じゃんけんゲームやビンゴゲームを行い、子どもたちに景品をプレゼント。といった内容。
たまにドッジボールが綱引きに変わったり、ゲーム内容を変えたりと多少の変化はありますが、大枠の流れは変わりません。

さて今年はどうしましょう。役員さんに投げかけてみると「親子で楽しめる内容がよいと思う」という意見が大多数。となるとやはりドッジボールや綱引きになるのでしょうか・・・・

子どもも大人も楽しめるアイデアで新しい体験を。

しかし、昨今は子ども会の入会者数が減っており、このようなイベントに参加してくれる保護者の方も少なくなっています。

当日の保護者参加数が把握できていないのでどうしようかと悩んでいると、一人の役員さんが「他学区の子ども会は演奏家さんを呼んでクリスマスにちなんだ曲を数曲演奏してもらい大変盛り上がったそうです」と貴重な情報を提供してくれました。

早速私たちは公民館のパソコンを借りて演奏依頼ができる演奏家さんを検索。 「演奏依頼」で検索すると、
「演奏依頼・演奏家紹介はミューディエンスへ」というタイトルが表示されクリック。ミューディエンスは全国で600組以上の演奏家さんを紹介している演奏依頼専門のマッチングサイトでした。

サイト内では演奏依頼できる演奏家さんが「演奏ジャンル」と「演奏エリア」から探せるようになっており、演奏ジャンルはクラシック、ポピュラー、JPOP・歌謡曲からアニメソングやキッズソングまで選択肢が沢山あります。しかも演奏家さんの紹介ページはプロフィールだけでなくYouTubeの動画まで掲載されており、どんな方がどのような演奏をされるのかビジュアル的に知ることができます。

私たちは演奏エリアから地元愛知県が含まれる「中部・東海エリア」をクリックし、なるべく近くにお住いの演奏家さんから探すこととしました。遠方の方ですと交通費や旅費がかかってしまうからです。

所在地が愛知県の演奏家さんに絞り探していると、副会長の山下さんが、「この人たちがいいんじゃない!」と。
白羽の矢を立てた演奏家さんは「Banjo&Accordion」というバンジョーという楽器を男性が演奏しアコーディオンを女性が弾くデュオでした。

山下さんに選んだ理由を聞くと、
・毎年小学校で開催される文化祭で子どもたちが演奏する楽器の中にアコーディオンがあるので身近な楽器であること。
・バンジョーという珍しい楽器の演奏を子どもたちや保護者に聴いてもらえれば。
と言います。

確かにプロフィール部分に、
「私たちの演奏するバンジョーとアコーディオンの組み合わせは世界的にも珍しく、演奏するミュージシャンが少ないということもあり、あまり生演奏で聴く機会がないのでみなさんとても喜んで下さいます。」と書かれています。

私たちはまず、
・演奏料金
・クリスマスソングの演奏が可能かどうか
を問い合わせしてみることにしました。

翌日、ミューディエンスから私のもとへ問い合わせの返信がありました。演奏料金についてはこちらの要望を酌んでくださり、 演奏時間30分程度に加え、楽器の紹介やどんな練習をしているかなどのお話と子どもたちからの質問に答える時間をとってくださる内容でとてもリーズナブルな料金で依頼できることとなりました。 またクリスマスソングの演奏も可能とのこと。

私は早速役員へメールにて共有し、
・「Banjo&Accordion」さんによる生演奏
・ビンゴゲーム
をメインの内容とすることで決定しました。

圧巻の生演奏に大満足!!

いよいよクリスマス会当日。
司会進行役の副会長山下さんより演奏家さんの紹介後、早速1曲目の演奏。

1曲目はリズミカルでカッコイイ曲「STYLE MUSETTE」
私は初めて聴くバンジョーとアコーディオンが奏でる音色に、突然異国へ連れていかれたような世界感に包まれ聴き入ってしまいました。

会場にいる子どもたち・保護者の皆さんも同じ感覚だと思います。演奏が終わると共に大きな拍手が湧きました。
まずはご挨拶代わりの一曲だったのでしょう。演奏家のお二人から自己紹介と楽器についての紹介があり、続いてクリスマスソングを複数曲演奏してくれました。

子どもたちも楽器に興味津々で「どうやったらアコーディオンが上手に弾けますか?」「バンジョーとギターの違いは何ですか?」など次から次へ質問が出ます。演奏家のお二人は子どもたちの質問一つ一つに丁寧にわかりやすく答えてくださいました。

さらになんと楽器に触れさせてくれるとのこと。
子どもたちはバンジョーを持ったり、アコーディオンの音を鳴らしたり大興奮です。

そして最後の曲は有名なアルゼンチンタンゴで会場は大盛り上がり。子どもも大人も楽しめるひとときを提供してくださいました。

素晴らしい演奏の余韻が残る中、ささやかですがクリスマスプレゼントがもらえるビンゴゲームを行い、今年度の子ども会主催クリスマス会は無事終えることができました。

クリスマス当日に子ども会からサプライズプレゼント

実は役員会の中でもう一つサプライズなアイデアがありました。
1年生のお子さんがいる役員さんが、その子が幼稚園を卒園する際、保護者会で記念品として制作したオリジナルノートを持ってきてくださり、クリスマスプレゼントにできないかという内容でした。

オリジナルノートはこちらで撮影した写真データとメッセージ文章をメールで送るだけで表紙に印刷してくれるサービスです。「まねきノート」というサイトにアクセスすると、卒園、卒業や運動会、二分の一成人式などさまざまな行事にあわせたデザインノートがあり、その中に「季節のノート」としてクリスマス用デザインノートがあります。クリスマスケーキの中に写真を組み合わせて印刷できるデザインとなっており、私たちのイベント記念品としてぴったりです。

私たちはクリスマス会の際、演奏家さんを囲んで子ども・保護者みんなで撮影した一枚の写真を使ってオリジナルノートの制作を依頼。
完成したオリジナルノートを各学年の役員さん、保護者の協力を得てクリスマス当日、子どもたちの自宅へ持って行きました。
子ども会からのサプライズクリスマスプレゼントです。

昨今は少子化によって地域のコミュニティを維持することが大変難しくなっています。 保護者の負担も増えており、子ども会やPTAの在り方が問われる時代、自分たちだけで行事を行うのではなく、今回のように演奏家マッチングサイトやオリジナルノート制作サービスなどインターネットを通じて提供されているサービスを上手に活用しながら子どもたちの思い出作りができればと思いました。


Customer Review

このストーリーの魅力を評価してください。

クリックして確定後「評価する」ボタンから送信してください。

タイトル