【大学を卒業する妹へ】新社会人になる不安を包み込む姉ちゃんからのサプライズ就職祝い

【大学を卒業する妹へ】新社会人になる不安を包み込む姉ちゃんからのサプライズ就職祝い 5 1

13

このサプライズに使用されたアイテム

妹が大学を卒業します。

春。
桜の蕾はまだ小さく、ピンク色の綺麗な花が開くのはもう少し後。

私には、3つ下の妹がいます。
名前は、めぐみ。

わがままで、甘ったれで、生意気。
家で顔を合わせても、なんだかいつも不機嫌そうに、空返事をするだけ。

だけど、私が就職して家を出る時は、
「姉ちゃんがいなくなるのは寂しい…」
なんて、ぼそっと言って。

結局、可愛くて大好きな妹。

そんな妹が、この春大学を卒業して就職します。
仕事は営業事務。

「めぐみも、もう二十歳を過ぎてるんだから、自分のことは自分でなんとかするでしょ。」
と放任主義の母は言いますが、
『なんでもすぐ途中で投げ出してしまうような子が、きちんと働いていけるのだろうか…。』
と姉心に心配しています。

ただ、母の話では、就職活動も一生懸命頑張っていたみたいだし。
たまに実家に帰った時に話してみると、昔よりは大人になったかな、と思う瞬間もあります。

卒業式の翌日。

当日は、仕事があって家には行けませんでしたが、母が妹の写真を送ってくれました。
袴姿に花束を持って、楽しそうに写っています。

朝、実家に着いて、起きてくる妹を待ちました。

前日は、謝恩会の後も仲良しの友達と遅くまで出かけていたようで、起きてきたのは昼前。
眠そうな目をこすりながら、リビングに入ってきました。

「おはよー。」
私が声をかけると、
「あれ?姉ちゃん、来てたの?」
そうそっけなく言いながら、コップに牛乳を注いでいます。

私は、荷物から買ってきたドーナツを出して、妹に渡しました。
「卒業おめでとう。
はい、これ朝ごはんにどーぞ。」

「わ!これ、私の好きなやつじゃん!
ありがとー!」
好物を差し出され、さっきのそっけない態度はどこへやら。
早速、ドーナツにかぶりついています。

「謝恩会、楽しかった?」
「うん。写真見る?」

ドーナツを口に頬張りながら、スマホでライブラリを開いて、私に差し出します。

我が妹ながら、袴姿やドレスがよく似合っています。
楽しそうに写る妹の姿を見て、私も嬉しくなりました。

あっとゆう間にドーナツをたいらげた妹にスマホを返して、仕事のことを聞いてみます。

「就職先、どんな感じ?」
「うん。とりあえず、入ってすぐは研修だって。
その後、部署に振り分けられるみたい。」
「そっかー。」

話ながら、ごくごくと牛乳を飲み干す妹。
飲み終わってから、ふいに話はじめました。

「実はさ。ちょっと不安なんだよね。
私って、なんでも長続きしないじゃん。
ちゃんと働いていけるかなー。って。」

お!ちゃんと自分のこと分かってんだな!
なんて、感心しながら、話を聞きます。

「就活中もさ、なかなか決まらなくて。
自分ってダメだなー、とか思う瞬間ばっかだったし。」

「そっかー。
でも、頑張って今の会社に就職したんでしょ。
ちゃんと、やり遂げてるじゃん。」

「うん、まぁ。友達も励ましてくれたし。」

「新しい環境に馴染むまで大変だと思うけど、
大丈夫。以外となんとかなるもんよ。」

「うーん……。そうだよねー……。」

そんな歯切れの悪い返事をする妹に、私はひとつの袋を差し出しました。

就職祝いのサプライズプレゼント。

「これ、何?」

「就職祝い。」
そう言いながら、にんまりと笑顔を向ける私。

「え?嘘!
ありがとー!
開けていい?」

「もちろん!」
そう言いながら、袋からプレゼントを取り出す妹を見守ります。

中から出てきたのは、マイケル・コースのトートバッグ。
働く中で、長く使って貰えるものを、と思い、選びました。

「わぁ、可愛い!
ありがとう。」
そう言いながら、嬉しそうな妹を見て私も胸の中があたたかくなりました。

「社会人になるって、いろいろ不安なことや大変なこともあるけどさ。
めぐみなら大丈夫だよ。
困ったら、いつでも姉ちゃんに相談しな。」

「…うん。
頑張るね!」
そう言いながら、妹は、にんまりと嬉しそうに笑いました。

プレゼントしたバッグを肩にかけて、
「似合う?」
といいながら、鏡の前へ駆けていく妹。

姉ちゃんは、可愛い妹がまたひとつ大人になって、とっても幸せです。


Customer Review

このストーリーの魅力を評価してください。

クリックして確定後「評価する」ボタンから送信してください。

タイトル