【聖なる夜の小さなサンタさん】娘と一緒に作る手作りプレゼント

【聖なる夜の小さなサンタさん】娘と一緒に作る手作りプレゼント

25

このサプライズに使用されたアイテム

もうすぐクリスマス。

今年もきらきら輝くクリスマスシーズンがやってきました。

娘のアキもクリスマスが大好き。
「だって、ケーキも食べられるし、プレゼントもくれるでしょ。」
なんて言っています。笑

12月に入り忙しい毎日に追われているけれど、娘が満面の笑顔で喜ぶ顔を想像すれば、クリスマスケーキだって頑張って作るし、人がごった返すおもちゃ屋さんにだって行けます。

そんなクリスマスが近づいたある日。

アキが突然こんなことを言い出しました。

「ねぇ、ママ。
ママとパパにはサンタさんは来ないの?」

話を聞いてみると、
ママもパパも毎日いい子で頑張っているのに、プレゼントをくれないのはおかしい、
と思ったようです。

「サンタさんは世界中を駆け回っているから、子どもたちにプレゼントを渡すだけでクリスマスが終わっちゃうんじゃないかな?」
そう伝えたものの、アキは、そっかー、とがっかりした様子。

「そうだ!
じゃぁ、アキとママが、替わりにパパのサンタさんになってあげよっか!」

そうアキに伝えると、
「うん!アキがサンタさんになってあげるー!」
と元気いっぱいの返事をして、えいえいおー!とやる気満々に。

娘と一緒に作るクリスマスプレゼント。

何を贈ろうか、といろいろと悩んだけれど、
やっぱりアキの気持ちが伝わるような手作りのものがいいな。

そう思って、インターネットでいろいろ調べていると、
描いたものを陶器に焼き付けることが出来る「らくやきマーカー」という商品を見つけました。
SNSでも「#らくやきマーカー」と打って検索してみると、たくさんの人がすてきな作品を作っていました。

アキにも、SNSに載っている写真を見せてみたら、
「かわいい!アキも作りたい!」
と俄然やる気を出してくれたので、これを使ってパパのためのオリジナルマグカップを作ることにしました。

100円均一で真っ白なマグカップを買ってきて、いよいよ絵付け開始。

筒状のマグカップにイラストを描くのは、初め少し手こずっていたようですが、
パパの似顔絵を上手に買いて、その隣に、
「パパ だいすき」
と覚えたての文字を添えました。

これはもう、パパ泣くかな…笑

そんな風に、娘と一緒にパパの喜ぶ顔を思い浮かべながら作るプレゼント製作は、とても幸せな時間でした。

クリスマスイブの夜に。

この日はパパも早めの帰宅。
みんなで少し豪華な夕ご飯を食べて、クリスマスケーキも食べました。

お腹もいっぱいになったところで、トイレに行くふりをして娘の部屋へ。
準備していたサンタ帽を被せてあげて、マグカップを入れたクリスマスボックスをアキの手に持たせてあげました。

部屋から出たところで、スマホからクリスマスソングを流します。
ジングルベルの曲に合わせて、アキサンタさんがパパのところへ。

音楽に気づいて振り向いたパパの目には、部屋から現れた小さなサンタさんが映りました。
「何なに?!どうしたの?!」
と驚きながらも、満面の笑みです。

「パパ。メリークリスマス!
サンタさんからだよ!」

そう言って手渡した赤い箱は、空けるとサンタやトナカイが飛び出してくる特別なボックス。
その中には、アキが一生懸命描いたパパの似顔絵入りのオリジナルマグカップが入っていました。

「わぁ~~!これ、アキが描いてくれたの?!
上手だね-!」
マグカップを手に取り、アキの描いたイラストをまじまじと見て、とっても嬉しそうなパパ。

「アキサンタさん、ありがとう!!」
そう言って、小さなサンタを抱きしめました。
少し涙目だったかもしれません。

「パパ。ママサンタさんからもプレゼントだよ。」
アキの言葉に促されて、私からももう一つのプレゼントをパパに渡しました。
それは、ロクメイのコーヒーギフト。
毎朝コーヒーを飲むパパのために、アキの作ったマグカップにぴったりのギフトを選びました。

「ママ、ありがとう。」
目の中がうるうると光っているパパ。
それを見て、アキと二人で目を合わせて小さなガッツポーズをしました。

すると、アキがパパにひそひそと耳打ちしています。

パパが抱きしめたアキを下におろすと、
「ママ、パパサンタさんからもプレゼントだよ。」
と、アキが声をかけてきました。

「…ん?…なんのこと??」
アキの言葉の意味が分からないでいると、パパが鞄の中からラッピングされたプレゼントを取り出してきました。

「ママ、いつもありがとう。」

そう言って渡されたプレゼントを開けると、中にはロクシタンのハンドクリームセットと画用紙が折りたたまれて入っていました。

その画用紙を開くと、私の似顔絵と、
「ママ だいすき」
と書かれたアキのかわいい文字が。

実は、私に言ったのと同じことをパパにも相談していたアキ。
お互いに内緒にしながら、クリスマスプレゼントを準備していたのです。

娘の優しい気持ちから生まれた、このクリスマスサプライズ。
素直で優しい子に育ってくれたことが、私たち夫婦にとっての何よりのクリスマスプレゼントです。