【クリスマスに彼氏に贈るサプライズ】~プロポーズを決意させた贈り物~

【クリスマスに彼氏に贈るサプライズ】~プロポーズを決意させた贈り物~ まだ評価がありません

147

このサプライズに使用されたアイテム

付き合って3年の彼女

僕は付き合って3年目の彼女がいます。
職場の同期でいわゆる社内恋愛。
僕は営業で彼女は受付をしていて、自慢じゃないが彼女は可愛い。いや自慢だ。

デートはお互い旅行が好きで、カメラも趣味ということもあり休日は色んな所に2人で出掛けて写真を撮りに行くこと。
春には川沿いに延々と並ぶ桜の名所、夏は砂浜が綺麗で有名な海、秋は紅葉が圧巻の山、そして冬はイルミネーションが人気のテーマパークなど。
彼女と行く場所はどこだって特別に楽しい。

今年も夏が終わりだんだん秋の気配を感じながら、今年のクリスマスは彼女とどう過ごそうか、ふと考え去年のクリスマスを思い出している…

去年のクリスマス

去年のクリスマスは彼女が前から行きたがっていた人気の予約がなかなか取れないと有名なレストランへ行きました。

ギリギリまで彼女に内緒にしていたので、彼女はとっても驚いて喜んでくれて、彼女が以前から欲しがっていたペアリングをサプライズでプレゼントしました。
リングに刻印をしてもらうためクリスマス当日に間に合うか少しハラハラしたけど何とか前日に間に合いました。

僕はペアリングなんてずっと恥ずかしいと思って拒んでいたけど、彼女が目に涙を浮かべて顔をクシャクシャにしながら喜ぶ笑顔を見て、こんなに喜んでくれるならもっと早くペアリングを買えば良かったと反省しました。

そして、彼女からのプレゼントはなんと当日に持って来るのを忘れたと言われ次のデートで渡されることになったのです。

到着したらプレゼント

週末の休みに久しぶりに彼女の家にお泊りデートすることになり1泊分の準備をして車で彼女の家に行きました 。

予定ではランチして、そのあとちょっと遠出して彼女が行きたいと言っていたお洒落なカフェでお茶してのんびりドライブしながら彼女の家に戻る予定でした。

ランチして、カフェへ向かうため彼女が車のナビをセットしてくれました。
彼女に「到着したらプレゼント渡すね!それまではプレゼントが何かはヒミツ♡笑」と言われワクワクしながら運転していました。

1時間ほどナビ通り運転していると「マモナクモクテキチデス。」こんな所にカフェ!?
すると見えてきたのは立派な佇まいの旅館。
え?どういうことだ?
間違えたのかと思い、彼女に確認すると、助手席の彼女がニヤニヤしていて「間違ってないよ、ここで合ってる!。」 と言い、
「けどここカフェじゃないよね?」と疑問に思っていると、「カフェじゃないよ、温泉旅館だよ!これが私からのクリスマスプレゼント!」と言うのです。

なんと以前僕の友人が彼女と温泉旅行に行ったのを羨ましがって僕が彼女に話したのを覚えてくれていてサプライズで温泉旅館を予約してくれていたのです。

旅館で更にサプライズ

まず温泉に入り、夕食まで2人で温泉街を浴衣で散歩して足湯に入ったりしました。

夕食の時間になり部屋に料理が運ばれて来ました。すると彼女が「冷蔵庫開けてみて。」というので冷蔵庫を開けるとそこにはシャンパンボトルが入っていたのです。

そして彼女が「ラベルよく見てみて。」といいラベルを見てみるとそこにはハッピーバースデーと書いてあり僕の名前が入っていました。
彼女が内緒で準備をしてくれていたのです。

僕はクリスマス直後に誕生日でいつもプレゼントはどっちかでいいと言っていたのに、温泉旅館だけでなく更にオリジナルのシャンパンボトルまで用意してくれているなんて夢にまで思いもしておらず、1日に2回もこんなサプライズなプレゼントにこんなにも僕のことを想ってくれていることにめちゃくちゃ嬉しくて、彼女を絶対放さないと思いました。

なので、今年のクリスマスは彼女にプロポーズしようと思います!


Customer Review

このストーリーの魅力を評価してください。

クリックして確定後「評価する」ボタンから送信してください。

タイトル