【金婚式に贈られた幸せな時間】家族全員から祖父母へサプライズの思い出

【金婚式に贈られた幸せな時間】家族全員から祖父母へサプライズの思い出

94

記念日 におすすめのアイテム

今年、金婚式を迎えました。

婆さんと結婚して半世紀、苦楽を共にしてきました。

結婚してすぐに商売をはじめ、婆さんの支えもあって商売も上手くいき、子どもたちも立派に育ち、今では孫も4人いて、老後を穏やかに過ごす日々でございます。

そんな中、先日家族で旅行に行ったのですが、その時に子どもと孫たちが、私と婆さんの金婚式のお祝いをしてくれたのです。
それはその時まで内緒にされていたので本当に驚いて、そして、とても嬉しくて感動しました。

その時のことをお話したいと思います。

大好きな家族旅行で。

私たち家族全員旅行が好きで、毎年息子家族と娘家族で旅行に行くのですが、今年は平成から令和への改元で10連休のゴールデンウイークに温泉旅行に行ってきました。

旅館の庭は綺麗な枯山水の水面が表現されており、それを囲むようにたくさんの新緑の木々がはつらつと青葉を茂らせていて、そのどこからか可愛らしい鳥の鳴き声が聞こえていました。

婆さんと庭を少し散歩して途中のベンチに腰かけてしばらくその庭をゆっくりと眺めていました。

すると何時経ったか、孫が駆け寄ってきて、そろそろ夕食の時間になるから部屋に戻ってくるように言われたので、夕食はどんなだろうかなどと楽しく会話しながら3人でゆっくり歩いて戻りました。

部屋の前に着き、入ろうとすると…

孫がこっちこっちと腕を引っ張り、孫の後ろについてその部屋に婆さんと入ると、息子家族と娘家族の全員が揃ってこちらを向いて並んでおり、息子の「せーの」の掛け声に全員で
「おじいちゃん、おばあちゃん、金婚式おめでとう!」
と言ってクラッカーを鳴らしてくれたのです。

色とりどりの紙のリボンが飛び、部屋も綺麗に飾り付けがされていて机の上には並べられた夕食の料理とその中心には私と婆さんの似顔絵の大きなケーキが置いてありました。
ケーキは事前に旅館にお願いして特別に用意をしてもらったと聞きました。

私と婆さんは突然のサプライズに感動し驚いていると隅にいた仲居さんが
「金婚式おめでとうございます。みなさまご家族の集合写真をお撮りいたしますね」
と言ってくださり、私と婆さんを真ん中にして全員揃っての家族写真を撮ってもらいました。

楽しい会話と旅館の美味しい料理。

その後みんなで楽しく会話をしながら旅館の美味しい料理を食べていると、娘が、
「実はまだプレゼントがあるんよ~。」
と何やら企んでいるようにニヤニヤしながらいうと孫たちが私と婆さんにそれぞれ可愛らしい家の形をした箱をくれました。

「これは何?」と婆さんが嬉しそうに聞くと「開けてみて!開けてみて!」と孫が急かすので屋根の部分を開けてみると、中に青色と桜色の二つの湯呑が入っていました。

婆さんの方の箱には、家族みんなからの私らへの手紙が入っていて、婆さんはその手紙を読んで嬉し泣きをしていました。
そして家型の箱の窓のところには、私と婆さんの若い頃の写真が貼られていて、もう一つの箱には先程撮って貰った家族写真が貼られていました。

婆さんと一緒になって50年の月日が経ち、二人だった家族子供が生まれ三人になり四人になり今は孫を入れて10人に家族が増えて、何年たっても仲良くいつも側にいてくれる婆さんと、こんなにも優しい子どもや孫たちに囲まれて過ごせるなんて、これ以上の幸せはありません。

若い頃の写真の自分を見て、とても懐かしくこの頃の自分にもし言えるなら、今はしんどい時かもしれんが、一生懸命に働いていれば大丈夫、そして何より恥ずかしがらんと嫁さんに感謝をちゃんと言葉にして伝えるようにしなさいと言ってやりたいと思いました。

そして、私は改めてみんなにお礼を伝え、最後に婆さんに
「婆さん、一緒になってくれて50年間ありがとうなぁ。これからもまだまだお互い元気に長生きして楽しくやっていきましょう。」
と言うと、婆さんは「はいはい、これからもよろしくお願いしますね。」と言って笑っていました。

こんな風に、金婚式のお祝いをしてもらって本当に幸せでした。

旅行でお祝いをしてもらって1週間ほど経ちました。

50年の月日が流れ家族が増えていった喜びをしみじみ思いながら婆さんとゆったりとした時間の中、婆さんと飲む温かいお茶が喉を通るたびに、としみじみとした温かい幸せが体中に染み渡ります。