私の彼は売れない小説家 「敦也、ただいまー」玄関を開けると、ふわっと出汁のいい匂いが鼻をくすぐる。 「あ、美樹。お帰り」「今日のご飯はー・・・