不思議な誕生日のはじまり。 遅めの朝。インターホンの音で目が覚めた。 眠い目をこすりながら玄関のドアを開けると、宅配のお兄さん・・・