「どこでもプライベート、どこでもワーク」 リビングとダイニングから夫の書斎まで、従来の固定観念をとっぱらって、 「どこでもプライベート、どこでも・・・